源泉舘さんの売店に新商品が並んだので、さっそく手書きPOPをつけることに。

↑お土産業者さんが来た後は、だいたいこんな感じの売り場です。これでは、商品の魅力は伝わりませんね。

 

2商品のスペースがわずかだったので、色画用紙をカット。色画用紙の色を揃えることで、統一感を持たせています。

それから、マステは和柄の同じシリーズの、それぞれ別の色を選び、同じ位置に貼ることで、カラフルなんだけど、これまた統一感が出てごちゃごちゃした印象にはなりません。

イラストは、フチを太ペンで描くことでメリハリが出て、たいして上手に描けなくても、色を塗るとイイ感じになるんですよ〜。

こうしてPOPが完成しました!「いつでもどこでも手軽に食べられます」ではなく、使い時を絞って伝えましたよ〜。

 

商品名+値段だけのプライスカードでは何も伝わりません。魅力を知ってもらって、その商品があるシーンを想像できて、初めて「欲しい!」の気持ちが生まれます。

これくらい、覚えてしまえば簡単だから、お土産業者さんもセミナーに来てくれるといいんだけどな〜。と毎回思います。セミナーに来なくても、このブログを読みながら、そのまま真似して書いてくれたらいいのに。

 

こうしてPOPをつけることで、商品の売れ行きがアップしていることを知っているのだろうか。源泉舘さんはリピート率が高い旅館で通常ならお土産が売れづらいのに、観光メインの大きい旅館やホテルより、ずっと売店の売上げがいいことを知っているのだろうか?

 

そもそも、自分のお客さんの売り場や、自分の商品にいつのまにか楽しいPOPが付いていることに、ほんの1ミリでも関心を持っているのだろうか?

もし私がお土産業者だったら、絶対にPOPと一緒に商品を納品するなぁ。そして、社長や女将さんに、伝えることの大切さや、売れる売り場がどうなっているのか、日々いろんな現場の写真を撮りためて、毎月レポートやお便りを一緒に持っていくなぁ。

 

そうすれば、伺う度に喜んでもらえるだろうし、自分の商品より安く販売する同業者が現れても、かけがえのないパートナーとして、必要としてもらえるはず。

 

無意識で「いつもの作業」をこなすのではなく、「関心を持つ」ことって大事だし、目の前のお客さんのために何ができるのか、常に考えていくことが大事だと、商品を並べてそそくさと去っていく業者さんの背中を見る度に思います。

 

自分が動けば、もっと仕事は楽しくできるのだーー!

 

昨夜は、久々に源泉舘さんの岩風呂に入れたし、かなり癒されました!いや、むしろ体内の悪いものが出て、結構ぐったりきました!やはり源泉舘さんは最低二泊はするべきですね〜。

 

さぁ、今日は源泉舘さんでのブログセミナー楽しみです!