お盆休み、実家に帰ってご先祖様をお迎えする方も多いと思います。

ホッとする1ところで、普段からご先祖様や神仏に手を合わせるときに、どんなことを考えていますか? 相手の姿が見えないからって「アレお願い、コレお願い、今困ってるから助けて」と、言いたい放題言っていませんか?

 

自分が相手の頼みを聞いて何かを手伝ったとして、そのお礼もなしに次々と頼まれごとをされたら、嫌な気持ちになりますよね。神様も仏様もご先祖様も、私には姿は見えないけれど、きっと同じことを思うでしょう。

ビックリし過ぎて入れ歯がふっとぶおばあちゃん

そんな恩知らずの人より、「応援したくなる人」になりましょう!

 

「神様に応援されやすい人?なにそれ?」と思うかもしれませんが、自分に置き換えて考えてみればわかります。

 

「ありがとう」が言えて、頑張っている人は応援したくなりますよね。神仏やご先祖様に手を合わせるときは、うまくいったことや元気に過ごせていることへの「感謝」、それから今自分はどんなことに励んでいるかの「報告」、この先どうなりたいのかの「決意表明」を伝えましょう。

ハートを抱える人

そうすれば、神頼みではなく「頑張るので見守っていてくださいね」に変わります。神様、仏様、ご先祖様、それから、今まわりにいてくれている皆は、そんな人を応援したいと思うでしょう。

 

ぜひ、お盆に帰ってくるご先祖様に、感謝と報告と決意表明を伝えてくださいね。

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


ブログやFacebookを始めた頃は、画面の中の人の振る舞いに、いちいち悩んでいました。

怒りのまっすーこんな顔はしてないけど…

 

特に私は言葉を扱う仕事なので、「なぜこの人はわざわざこんなことを言うのだろう?」と一度も会ったことのない相手の発言に、無駄に腹を立てたり、一日中嫌な思いを抱えて過ごしたり・・。

 

そんな私も、今ではすっかり神経が図太くなったものです(笑)今じゃ「違う人」に使う時間なんて無いくらい忙しいし、それが霞むほど、日々優しい人から感動をもらっているので、どうでもよくなっちゃったんですよね。

ふーんこんな顔はしてないけど…

 

でも、Facebookの「ある友達申請に関するメッセージ」には未だ戸惑います。(相変わらずメッセージ無し申請が多いのですが、これは以前ブログでご紹介した理由で、未承認のままです)
それは、距離感近過ぎタイプさんの申請メッセージ・・・。

 

こんにちわ☆ ◯◯です!

ヨロシクー( ´▽`)/

 

街中でこんな風に声を掛けられたら、間違いなく走って逃げますよね。SNSだって、そういうことです。

 

それから、初対面なのにいきなり自分自身をニックネームで名乗るのもやめた方が良いと感じます。いくら周りの皆がそう呼んでくれているとしても、初対面の相手は困惑します。

 

ちなみに私にも皆が呼んでくれる「まっす〜」という愛称がありますが、当然初めてお逢いする方や初めてメッセージさせていただく方には「まっす〜です☆」なんて言いません。フルネームで名乗ります。ごくごく普通、当たり前ですよね。だって、その人のことを今初めて知ったわけで、まだニックネームで呼び合う関係性ではないんですから。

 

さらに、承認後のお礼が「あざーっす!」「ありがとお(●´∀`●)☆」など、急に馴れ馴れしくなったり、クドい絵文字をバンバン使うのも、距離感覚が違う人のように感じて怖いです。

スクリーンショット 2015-08-08 1.34.06

ちなみに、相手の距離感が近過ぎる場合、私は100倍丁寧返しをして後ずさることで、距離感を遠めに保つようにしています(笑)

 

いくら共通のお友だちが多いからといって、見ず知らずの方がいきなり親友なわけではありません。むしろ、共通の知り合いがいるのなら、その人に迷惑が掛からないように、普段以上に気を遣うべきですよね。

 

きっと「自分を知って欲しい」「仲良くしたい」「有名になりたい」「SNSを使って仕事を拡大したい」そういう気持ちの表れだと思うんです・・。

 

焦らなくても大丈夫です!

 

魅力的な人だったら、日常のSNSの投稿を通してそれが伝わるし、自然とその人のタイムラインを追いかけるようになります。「あなたは素敵な人だね」という関係性は、もっと長い時間をかけて築くものだから、焦らずにいきましょう。

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


先日のブログ「恐怖のメリーさんに学ぶ販促術」でちょこっと書かせていただきましたが、看板キングこと興和サイン・高橋さんの名刺を制作させていただきました!

T

高橋さんは単なる看板屋さんではなく、「○○したくなる仕掛け」をつくり出す看板屋さんです。例えば、その看板の前に立ったら誰もがスマホで写真を撮って、SNSに投稿して、それを見た友達が反応したくなる看板を考えてくれるんです。

_96A8442私のブログは午前向きなので、昼間の歌舞伎町の写真を。
夜の様子はこちら

 

例えば、上の写真は歌舞伎町に新しく誕生した「I♡歌舞伎町」のサイン。高橋さんがプロデュースされたものなんですが、今ではここが撮影スポットの定番となって、街のランドマークになっています。

 

看板って、ただ名前を書いて外に掲げるものではなくて、「○○したくなる仕掛け」を仕込んでおかなくちゃ意味がないんですよね。もちろん、これは販促物すべてに言えることです。

 

そんな高橋さんの名刺だから、初対面の方でも「おもしろいアイデアを持っていそうな人だな」とか「集客のことを考えた看板をつくってくれそうな人だな」と期待が膨らむものにしたいな、と考えました。

 

そこで、名刺自体に「○○したくなる仕掛け」を作ったんです。

IMG_8595

こんな感じで名刺に丸い穴を開けて、そこから覗くと相手がマッチョになったり、セクシー水着になったりするんです♪

 

さっそくこの名刺で遊んでいただいた様子が、高橋さんのブログで紹介されていますので、ぜひ見てみてくださいね。⇒ 高橋さんのブログを見る

 

ちなみに名刺のイラスト&デザインはオエムシさんにご協力いただきました!オエムシさんは、サエないキャラがマドンナ的存在のキャラに毎日告白して、フラれてもめげずに翌日また告白をするという超前向きな1コマ漫画ブログを書いていて、これがまたおもしろいので必見! ⇒ 毎日告白のブログを見る

 

そんなこんなで、この名刺一枚には高橋さんらしさ、得意分野を知ってもらえる情報、これまでの実績などが詰まっています。あなたの名刺にはどんな想いや意味が込められていますか。

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん