仕事を通じて、いろんな方との出逢いがありますよね。
その中で、時々「怪しい人」っていませんか!? 笑
同様に、もしかしたら自分が誰かに怪しい人と思われているかもしれません!そこで今回は、怪しい人にならないための方法をご紹介します!

スクリーンショット 2015-04-19 18.30.36

名刺交換をしていたり、出逢った方のWebサイトを見たりしていて「怪しい〜」と感じるのは、何で利益を出しているかわからない人・会社です。

 

わかりやすい例でいくと、「コンサルタント」と名乗る方は、実績などが明確でないと、どんな人なのかわかりません。「どんな人かわからない」が「不安」とか「怪しい」に繋がってしまうのです。

おじさん(困る)

せっかく出逢っても、「怪しい人」と認識されてしまっては切なすぎますよね……。なので、何で利益を上げているのか、つまり、何が得意で、どんな実績があって、普段どのような仕事をしているのか?をハッキリ伝えましょう!

 

名刺やパンフレット、Webサイト……伝え方は様々です。ただし、よくあるパターンですが、名刺の裏に「業務内容」をいくつも箇条書きしても伝わらないので、掲載するとしたら、情報を絞って、1つのことでもいいので、しっかり伝えましょう。

3

建築会社が枕を販売?そのストーリーを伝える二つ折り名刺

 

私が知っている一番良い方法は、ブログです。ブログの中で、お客さまのお悩みを解決して喜ばれた話、プロとしてお客さまのお役に立つ話などを書き続けることで、普段の仕事が明確に。それによって怪しい人ではなく、頼れるプロになるんです。意識してみてくださいね♪

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


以前売場のPOP制作をお手伝いさせていただいた、神奈川県大和市の食器・雑貨店【自然美】さんから、嬉しい声が届きました!
100均アイテムと手書きPOPの組み合わせで売場が劇的大進化

IMG_5591

「これまでは一周ササッとまわって帰ってしまうお客さまが多かったのに、滞在時間が長くなりました!POPを一枚一枚じっくり見て買ってくれるので、売上げもアップしました!POPをつけた木皿は完売したし、お店に入ってくる新規のお客さまも増えたんですよ!」

 
嬉しいですね〜! POPで売上げアップは当然だと思っていましたが、今回実現したかったことの目的の一つに、「来客数をアップさせる」がありました。

IMG_5284

というのも、自然美さんは路地の階段を上がった2階にお店があります。隠れ家的といえば響きがいいのですが、本当に隠れてしまっていて、入るのにも勇気がいるお店だという印象を受けました。

 

オーナーさんもやはり同様に気にしていて、これまでにブラックボードを出したこともあったそうですが、風で飛ばされ危険ということで、階段の入り口に店内の写真を貼っていました。

IMG_5286

そこで、私が5分くらいで書いたPOPを2枚貼りました。

パソコンでカッコよくつくられた貼り紙や、キレイなPOPだと、一層敷居の高いお店になってしまうので、気軽に入れそうなユルい文字でPOPを書きました。

IMG_5619

IMG_5621

これを通行人の目線に入るように貼ってもらったところ、バッチリお客さまが増えました。フリーペーパーに広告を出せば数万円、チラシをバラまけば何十万円。でも、このPOPは100均の画用紙に500円の筆ペンで5分で書いたもの。やらない方がもったいないと思いますよね!

 

あなたのお店は、道行く人が入りやすい入り口になっていますか?POPやブラックボードを活用しましょう!「ブラックボードの書き方がわからない」という方は……こちらがおすすめ!

一日でイラストも筆ペンも黒板POPもマスターできる講座

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


印刷物は部数が多ければ多いほど単価が安くなります。
単価だけを見て大量注文して、いつまでも倉庫に古い情報満載のカビ臭い販促物を眠らせておくのは問題ですが、必要最低限しか印刷しないのもまた問題。

・・・それじゃあ一体どれくらい印刷したらいいの?

考える
「出費は最小限に……」と販促物をギリギリの枚数にしてしまうと、在庫数が気になってハラハラしてしまいます。そうすると、パンフレットを持っていくお客さまを見て「あぁ、勿体ない!」という、矛盾した気持ちになってしまいます。(笑い話のようですが、実際によく耳にする話です)

 

例えば、毎月のお便りをこれまでの2倍印刷するようにして、「大切な方と一緒にお楽しみください」と一言添えて、2部送ったらどうでしょう。
「そんなの勿体ない!」と思うか、「よ〜し、それなら誰かに渡したくなるような、楽しい内容にしよう!」と進化していくかが分かれますね。

 

販促物を印刷して、お客さまが見た瞬間にお金に変わるとは限りません。むしろ、長い時間をかけて、水面下でジワジワ広がって、あるとき仕事に繋がったり、チャンスが巡ってきたりするものです。

a

さて、ブログタイトルに対する私なりの答えですが、経験上「頑張らないと配りきれないくらい」がベストです。名刺だったら、頑張ってたくさんの人と名刺交換しようとするし、チラシやパンフレットだったら、もっとたくさん配れるように、積極的に行動するキッカケになります。

 
せっかく想いを込めてつくった販促物です。
一人のお客さまが、チラシを2枚持っていったら「勿体ない」と腹を立てるのではなく、「誰かに紹介してくれるのかしら」とワクワクしましょう。販促費は「出ていくお金」ではなく、「投資」ですから!

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん