山梨県内の生産者さんから、身体に優しい食材だけを集めた、こだわりの居酒屋「ぐらがら」さんが、3月からランチ営業をスタートすることになりました。

スクリーンショット 2016-02-11 3.19.54

その理由は、小さなお子さま連れのお母さんたちが、気兼ねなく来店することができて、我が子に安心して食べさせられるメニューを届けたかったから。オーナー司波さんの想いに共感し、ランチ営業準備のお手伝いをさせていただくことになりました!

 

まず大事なことは、どんなに熱い想いがあっても、それを伝わる言葉や方法で伝えなければ、誰にもわかってもらえないということ。どんなに貴重な卵と鶏肉で親子丼をつくっても、何も伝えなければ、「◯◯店より高いよねー」で終わってしまいます。

 

そこで、今後の販促担当として期待されているスタッフさんと一緒に、お店の想いや、食材の価値を伝えるメニューブックづくりをすることに。

IMG_6463

既存のメニューブックでも食材の特徴や、生産者さんのお顔などを掲載していましたが、ちょっと文字が細かくて、お酒を飲みながらだと読むのが大変かも。

 

そこで、情報を絞って、本当に伝えるべき情報だけを載せた、手書きメニューブックを作成することに。

IMG_6474

まずは、メニューブックの表紙に入るタイトル。司波さんの想いを伺っているときから、この言葉が浮かんでいました。

 

そして、タイトルの下に入れる、大切なロゴマークはスタッフさんに考えてもらうことにしたんですが・・・

IMG_6473

すごい!めちゃくちゃいい感じ!笑顔の輪が繋がっています♪スタッフさんは不安気でしたが、 一同大絶賛!

 

このロゴマークは、今後名刺や販促物にも採用されそうです☆さぁ、表紙ができたところで、いよいよ中身づくり!続きは次回のブログで♪

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


昨日のブログアクセス数がすごいことに。まぁ確かに、旬ネタでいい記事が書けたかな〜とは思ったんですが…(笑) いろんな方からメールやメッセージ、お仕事のお問い合わせやご依頼まで数件いただきました。 ⇒ 昨日のブログはこちら

 

ところで、近ごろクモの巣と格闘するところから私の一日が始まります。毎朝、オフィスの郵便受けの前に数匹のクモが陣取って、見事な巣を張り巡らしくれているんです。

名称未設定

虫(特にクモ)が苦手な私は、糸の根元数本をそっと剥がして郵便物を取り出します。数本の根元を失っただけなのに、巣はその機能を失い、ダラーンと無残な姿に。しかし、すごいことに彼らの巣は翌朝にはまた元通り!

 

そんなことを頭の片隅に置いたまま、ブログのアクセス解析を眺めていたら、「あぁ、これってクモの巣だ!」なんて思ったんです。

 

ブログへの入り口を調べたら、大半がSNS(Facebook)。つまりSNSに投稿していなければ、ここまでのアクセス数もありませんでした。昨日のブログタイトルは、【SNSあるある】実はその行動がマイナスを引き寄せている!? というもので、完全にSNSの中の人にターゲットを絞っていました。

sns

「え、何だろう。私に関係しているかも。見ないと損するかも。うわ〜気になる!」という気持ちになるタイトル。画像はモザイクで見えないし。これなら私もタイムラインに流れて来たらクリックしちゃうな。そんな気持ちで投稿しました。

 

ブログって、ターゲットを絞っていい記事を書けば、それで皆が見てくれるわけではなくて、タイトル・画像・SNSとの連携・リード(ブログの紹介文)・ゴール(ブログに来てもらった相手を、次にどこへ連れて行きたいのか)・気に入ってくれた相手へのフォローなど、いろんな糸を用意して、「点」でも「線」でもなく「面」で待ち受けなければ、根元の糸を失ったクモの巣のようになってしまいます。

ブログの蜘蛛の糸

さらに、これは販促でも同じ。POPやってるからOK!ではなくて、POPもブログもSNSも、いろんな販促をそれぞれに目的を持って行なうことが、販促効果を高める秘訣です。(この辺のお話は商業界2015年2月号で詳しくご紹介しています)

販促蜘蛛の巣

てなわけで、気づきをくれた郵便受けの守り神に感謝しつつ、今朝もクモの巣を剥がさせていただきます(笑)

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


「チョコレート300円」と言われても、今チョコレートが欲しくてたまらない人しか振り向きません。今それを必要としていない人にも「あ、これ私に必要だ!」と思ってもらえる売り方をしたいですよね。

チョコレート

そのためには見えない部分を想像する力(妄想力)が必要です。
まずは、たった一人の人物と場面を想像しましょう。

 

「会社で働く女性(事務職)」にしましょうか。

 

夕方、集中力が途切れてきたので、気合を入れ直すために、引き出しをそっと開けて、右手でゴソゴソ中を探って、チョコレートを一粒取り出します。

 

パソコンの画面を眺めながら一粒食べたら、もう一つ食べたくなって、もう一度取り出しては食べて、またまた食べて・・「おっと、いけない、いけない。ダイエット中だった>< 個包装だから途中で止められてよかった♡」てな光景が想像できました。

働く女性とチョコレート

さて、たった一人の働く女性とその場面を想像しただけで、300円のチョコレートの魅力がいくつも見えてきましたよね。

 

集中力が落ちてきた時に、手軽にサッと食べられる♡

個包装で手も汚れず、パソコン操作をしながらでも食べられる♡

個包装だから一粒だけ食べられ、ダイエット中でも安心♡

 

どうして「販促はターゲットを絞りましょ」っていうのかって、ターゲットを絞らないと、この商品がある場面なんて想像できずに、商品の魅力を見つけることができないんです。

ターゲットは誰?

今回は働く女性で考えましたが、これが65歳の旅行が趣味のおばちゃんだったら?21歳の就活中の女子大生だったら?いろんな人物とその場面を想像することで、無限に商品の使い所や魅力が見えてきますね。これでもう「POPに書くことが無い」なんて悩みはなくなります!

 

さぁ、魅力を見つけられたところで、明日のブログではお客さんにそれを伝える方法をご紹介します!お楽しみに♪

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん