先日、地元中学校の後輩で、自分らしく綺麗になれるサロン「アイラシック」オーナーのゆりちゃんと久々にランチをしながら、iPadのお絵描きアプリを販促に活かそうの会をしました。

ゆりちゃんがiPadで描いたイラスト。可愛いですね〜!

 

試しにPOPづくりをしてみようと、デニーズで飲んでいたドリンクをその場で写真に撮って、

それをちょちょいのちょいと加工。

すると、こんな感じでPOPの出来上がり!(内容は適当です)

 

慣れれば1枚10分以内で作れるし、写真や文字の差し替えも早ので、コンビニ、スーパー、お花屋さんなど、商品の入れ替わりが激しいスピード勝負の販促物はデジタルと手書きを組み合わせた、タブレットPOPはかなり相性がいいと思います!

 

ちなみにこれは、お絵描きアプリの使い方の過程を説明する中で生まれた、なんとも味のある作品。笑

すでにゆりちゃんの頭の中では、iPadで描いたイラストを使ってアレをこうして〜、とワクワク計画が広がっているようでした♪

 

実家に帰って母にも教えてあげようと思って、テーブルの上のリモコンを写真に撮ってサンプルをつくってみたら・・

興味ゼロでした!笑


今月は執筆月間なので、できる限り仕事をセーブする予定なんですが、ありがたいことに、仕事に追われる毎日で未だ執筆までたどり着けていません。反省〜。。

 

そんな時に思いついたのが、私の負担を軽くするための、些細な役割分担。

ご請求書を送付する封筒なんですが、感謝の気持ちを込めて、毎回手書きにこだわっています。

 

封筒自体に印刷にすればラクになりますが、こういうこだわりとか大事にしている部分は効率化とかで省略したくないので、役割分担をすることで時間的な負担を減らすことにしました。

 

これまでは、ご請求書が発生すると、その都度真っ白な封筒に手書きをしていたんですが、超繁忙期はなかなか厳しいものがありました。

 

なので、イラスト部分は時間があるときに私がまとめて描いて、色ぬりは、今年に入って一緒に頑張ってくれている弟に、新たな仕事として任せることに。

 

お客さまからいただいたお金の一部をお給料として得られている弟にも、お客さまへの感謝の気持ちや、ご請求書の封筒にもその想いを込める大切さを知ってもらえるいい機会になりました。

さて、締切間際の連載やら原稿が残り数本。。来週には書籍の執筆がスタートできるように集中するぞーーー!


ラクーンコマースのごとーさんから待ちに待ったものが届きました!

この細かな気遣い!嬉しい〜!

 

中を開けてみると、まぶしいグリーンに包まれたギフトが!

中に入っていたのは、先日デザインが完成したばかりのマツシタデンキ松下さんの名刺!お店のテーマカラー、グリーンのラッピングが素敵ですね♪

この名刺が完成するまでにはいろんなことがありました。お店の魅力の棚卸しや想いの整理をしたり、キャッチコピーをつくったり、どんなデザインにするか悩んだり。

 

時間をかけた分、とっても素敵な名刺に仕上がりました!この名刺をキッカケに、一人でも多くの「困った!」を「良かった!」に変えることができますように!

この可愛いカートは、何に使おうかな♪ とりあえずおやつを中にいっぱい入れて、デスクに置いておくことに。つまみ食いが増えちゃいますね〜♪

たかが名刺、ではなくて、名刺は初対面の相手にも自分の魅力を伝え、忘れられないための大切な販促ツールです。連絡先交換カードではなく、良さが伝わるものをつくってくださいね〜!