POPに写真やイラストが入ると、目を引くし伝わりやすいPOPになります。

では、イラストと写真が一緒に入ったらどうなるのでしょうか?

 

とっても楽しく、より伝わりやすいPOPになりま〜す!

上のPOPをよ〜く見てください。はさみを持った手が立体的になっているのがわかりますか?

 

こちらはPOPのサイズを超える大きな写真を使ったPOP。装飾をシンプルにしている分、とても目を引きますね!

こちらは、キャッチコピーの下のラインを、実際の商品「ドローイングマーカー」で描いたPOP!実物の写真を貼るのもアリですが、実物を使ったPOPっていうのがまた面白いし、わかりやすいですよね。

写真 + イラスト入りPOP、ぜひお試しくださ〜い!

 


毎日3行日記を描きたいので、日記帳を買いました。と言っても、気合いが入りすぎた日記帳だとプレッシャーになってしまうため、気軽に書けるものがいいなーと思い、100円台の普通のノートにしました。

 

手帳を買った時と同じ理由なんですが、このノートは横長なので「パソコンを机に出しっぱなしにしても使いやすい」という点に魅力を感じて購入しました。

「いつでもどこでも便利」では何もイメージできませんが、使いどきが絞られた瞬間に、自分が使っている場面のイメージが湧いてきて「欲しい!」につながることを改めて実感しました。

 

例えばお好み焼き専用の衣類ニオイ消しって気になりませんか!? 普通にリ◯ッシュとかファブ◯ーズが置いてあるよりシュシュッとしてみたくなりますよね。

「お好み焼きを食べた後の新常識」らしいです!面白いですよね♪

 

POPにしてみるとこんな感じですね。こちら、サービスエリアのPOP。

こちらはワインのPOP。

そしてお皿のPOP。

使いどきを絞っていきましょう〜!

 

久々のセミナー情報です!晴れて富士山見えるといいなぁ♪

2022年10月18日 河口湖商工会手書きPOPセミナー


源泉舘さんの商品のPOPをリニューアル。たくさんのPOPをつくるため、一枚ずつにかけられる時間は限られます。

 

そこで、既存の素材を活用してPOPをつくることに。こちらのPOPは、リアルなワサビの写真を入れることで、味をイメージしやすくしてみました。

次のPOPは、お酒を背景にうっすら入れることで、おつまみにピッタリ!ということを伝えています。

文字だけだと寂しくなりがちですが、こうして素材が入ることでPOPがいい感じになりますよね。それぞれ10分かからずに作成しています。

 

見た目がよくなるだけではなく、某コンビニさんで実験したところ、イラスト入りのPOPの方が、文字だけのPOPよりも売り上げがUPしたんです!

 

ということで、イラストが苦手だけどサクッと販促物にイラストを入れたいよ〜という方は、こちらをぜひチェックしてみてくださいね!⇒「まっすーのイラストBOOK

イラストBOOKの中には季節ごとのイラストも充実しているので、これからの季節は秋イラストをたくさん活用したいな〜♪