昨日は、日清製粉さんの「創・食Club」でパン屋さん向けにPOPづくりセミナーを開催しました!

控室で資料の最終確認中

 

これまでマンツーマンから100人規模まで、様々なオンラインセミナーを行なってきましたが、参加者さんのお顔がまったく見えない中、行なうセミナーは初めてでした!

 

どんな感じかドキドキでしたが、その不安は開始15秒でわくわくに変わりました。

 

話し始めたらすぐに、画面の向こうにいる方の表情やリアクション、心の変化などを想像して、リアルセミナーのようにコミュニケーションを交わしている感覚になれたんです。

考えてみれば、今回のオンラインセミナーも、普段つくっているPOPやチラシなどの販促物もみんな同じです。

 

相手の顔を見ることはできないけど、いつも来てくれている常連のAさんや、Bさんを思ながら「こんなことを伝えたら喜んでくれるだろうな」と想像することが大切ですよね。

 

とはいえ、最初から最後までリアクションがまったくわからないままのセミナーは史上初だったので、後日アンケートを拝見するのがめちゃくちゃ緊張します!!

 

「まずはやってみよう」「これならできそう」「面白そう」と思ってもらえて、行動に繋がったら最高に嬉しいです!!

そうそう、昨日参加してくれて今日のブログを読んでくれている方もいると思うので、セミナー中にちょこっと紹介したiPadを使ったPOPの記事などを紹介しますね!ぜひご覧ください♪

【超初心者向け】iPadで手書きPOPを書いてみよう!(1)写真の入れ方&背景の消し方

ドライフルーツの手書きPOPにチャレンジ!

アイビスペイントで超簡単!メッセージカードのつくり方


これまでパン屋さんに行けば、様々な商品がズラリと並んで、店内はいい香りで満たされていましたが、今はコロナ対策でパンは袋に入って並んでいます。

お客さんの立場からすると、とても安心してお買い物ができるのですが、旬の野菜がゴロゴロ乗ったパンや、チーズがたっぷりのピザパン、瑞々しいフルーツとクリームがたっぷりのデニッシュなど、商品が見えていた方が食欲&購入意欲がアップします。

 

でも、商品をそのまま剥き出しにするわけにはいかないし…。

 

そんなジレンマは、POPが解決してくれます!

焼き上がったパンを撮影します。フーディーなどの食べ物を美味しく撮影するためのアプリを活用して、さらに明るさをアップすると最高です。⇒ Apple版 ⇒ Android版

 

あとは大きめに印刷してPOPに貼るだけ!iPadを使ってPOPを作成すれば、写真を印刷したり切ったりする手間も省けます。

もし、写真を強調したかったら、黒POPもおすすめです!

パン屋さんだけでなく、箱に入って中身がわからないお土産品なども、写真入りPOPは効果的ですよー!

POPに写真を入れて、食欲そそる売り場づくりをしましょうね♪


スーパーに買い物に行く時間がなかったので、ありものだけで夕食の準備をすることに。

冷蔵庫には千切りキャベツとトマトと味噌漬けチーズが、冷凍庫にひき肉があったので、タコライスを作ることにしました♪

 

前回作ったタコミートがいまいち物足りなかったので、今回はそこにカレー用のスパイスをちょい足ししてみたところ、バッチリ美味しくなりました!

ブログに貼る予定なかったので、盛り付けが雑!笑

 

POPも最初から派手にしようとすると、ゴチャついてしまいますが、初めはシンプルに作っておいて、後からイラストやマステなどを「ちょい足し」するといい感じになります!

 

忙しい方やイラストが苦手な方でも簡単にちょい足しできるよう、便利なシールをつくったのでぜひ活用してくださいね!下の画像クリックで詳細が見られます!

自分でちょい足しパーツを作ってみたい!という方は、こちらを参考にしてみてくださいね♪

手書きPOPが目立つ!楽しくなる!ふきだし活用術

手書きPOPを目立たせたいなら、この2つを試してみて!

【手書きPOP】目立つ!面白い!立体POPのつくり方