なんと、気づけば10月に!2018年、ちょいと早すぎやしませんか!

この週末は、久々に手書きチラシにチャレンジしました。集中するまでが大変ですが、始めたら楽しいですね。ただひたすら、これを目にしたお客さんのことを想いながら、一文字一文字丁寧に書きました。

 

手書き販促物はパソコンとは違い、一度書いてしまえば指一つで気軽に削除したり元に戻したりすることができません。水を飲むのも忘れ、何時間も机に向かって、首が痛くなったので顔を上げると、書き直しの紙の山ができていました。

 

そんな大変さはありますが、手書きのよさは何と言っても、それを書いた「人」を感じることができることだと思います。パソコンの文字からはなかなか感じることができません。

 

文字が下手くそだって、絵が可愛く描けなくたって、文字に込めた想いは伝わります。逆にいくら文字やイラストが上手でも、気持ちが入っていなかったり、単に売り込みの内容だけだったりでは、お客さんに見破られてしまいます。

イラストも文字もすべてを黒いペンで書いてから、最後の最後に色を塗ります。色を塗るとき、そのチラシに魂が入ったような、そんな感じがしてワクワクします。

 

一人でも多くの人の目に止まって、読まれて、行動してもらえるチラシになりますように♪


つくばみらい市商工会さんでPOPセミナーを開催させていただきました!

みなさん無事POPを書くことができてめでたし、めでたし。のはずが・・・。

 

最後、商工会さんの出入り口付近で立ち話をしていると、こんな意外な部分に注目が集まりました。

よくある、パンフレット置き場。「ご自由にお持ちください」と書かれているものの、これに興味を持って、持ち帰るのはかなりハードルが高い!

いきなり「公庫」と言われても、サッパリ。POPを通じた「伝え方」の勉強をした後は、やっぱりこういう部分が気になってきてしまいます。大事な気づきです。

よくよく見たら、こんなに膨大なパンフレットを、フルカラーのいい紙を使って、結構お金をかけて作っていそうなんですが、その魅力を伝えられなかったら、手に取ってもらえません。

 

そして、驚くべきことに、振り返ると、同様のパンフレット置き場がさらに二つもありました!

こりゃ自分に関係のある資料を探すだけでも大変だぁ!

話によると、次回つくばみらい市商工会さんへお伺いできる際には、このコーナーが劇的に進化しているそうなので、楽しみです♪

一体、どんな伝え方になるのでしょうか〜?

 

そしてこの光景は、全国の商工会さんや商工会議所さん、産業支援センターさん、市町村さんなどで目にすることが多いです。

 

パンフレットや冊子は作るところがゴールではありません。必要な人の手に渡って、役立てられるように、まずはしっかりと伝えましょう!


鳥取県の商工会さんで、手書きチラシセミナーを行ないました。定員を大きく上まわり、会場いっぱいの参加者さんが、最初から最後まで真剣に参加してくれました!

 

チラシの役割は、セールのお知らせだけではありません。

セールのお知らせばかりしていたら、「あの店はいつもセールをしているから、普通の値段で買ったら損だね」「またセールやるだろうから、通常営業の今日は行くのやめよう」と、普通では来てもらえない、買ってもらえないお店になることも。

 

セールじゃなくても来てくれる、安売りしなくても買ってくれる。そんなお店になるためには、日頃の発信とそれによるイメージづくりが大切です。

 

お財布ショルダーを制作&販売されている「ラベンダーサシェ」のイシロヨウコさんの先日のブログは、とても勇気をもらえる素晴らしい記事なので、絶対にチェックしてみてくださいね!

万人には好かれない法則。綸子のお財布ショルダーが高いワケ

 

イシロさんは、迷いなくこう言い切れるくらい商品づくりに真剣だし、商品づくりに注ぐのと同じ熱量で情報発信をしっかりされています。

 

だから、そんなイシロヨウコさんのことを知っているお客さんや、情報をキャッチしている人は、そもそもその商品が「高い」とは思いません。類似品が安売りしていても、別に関係ないんです。

 

いい商品をつくっている、売っているなら、同じだけ発信をしましょう!

 

そこにどんな想いがありますか?それを使ったらどんないいことがありますか?どんな人の生活が、どのように変化しますか?ーー伝えたいことが多すぎて、一枚のチラシには収まりませんね。

だから、毎日ブログを書きましょう!私もセミナーで4時間お伝えするだけじゃ足りないから、ブログを毎日書いています!

 

なんだか途中からブログネタになってしまったけど、ブログでもチラシでも名刺でも、とにかく伝えましょう!