遅くなりましたが、POP大賞発表号の商業界はチェックしましたでしょうか!?

前回に引き続き、ハピオの月井さんのPOPが入賞に!月井さんのお店ではPOPが増えて、とっても楽しい売り場になっているんです!

そして、お菓子のふじいさん!ふじいさんの発想力にはいつも驚かせてもらっているんですが、今回もPOPという概念を超えた、すごいPOPが登場しています!

以前、東広島商工会議所のPOPセミナーに参加してくれたお洋服屋さん「ブルーム」の中手さんのPOPは、個人的にめちゃくちゃ好き!だってPOPを読んでいるうちに本当に欲しくなるんだもん!

 

商業界では紹介しきれなかったPOPも、めっちゃくちゃいいので、今度このブログで改めてご紹介させていただこうと思っています!

そして、社内セミナーを開催させていただいた、千葉のやますさんでは、安藤さんのPOPが受賞!

異業種のPOPを見ることは、客観的に伝え方を学べるいい機会になります。ぜひ商業界をチェックしてみてくださいね!

 

40回目の私の連載もお見逃しなく♪

そして、良本の紹介をもう一冊!村尾隆介さんの「安売りしない会社はどこで努力しているか?」は、わかりやすく「脱・安売り」の理由やヒントが学べる本!ぜひチェックしてみて

姪っ子たちが遊んでいたカメラアプリ、私もやってみました☆笑


先日、同文舘出版の編集担当の戸井田さんと打ち合わせをしました。

 

執筆気分を高めるため、漫画家や作家が集うという、三省堂書店(神保町本店)の地下にある「放心亭」でランチミーティング。

ロールキャベツ美味しかった!

 

その後、三省堂書店さんで展開中の同文舘のビジネス書「DOBOOKS」の20周年記念の本棚を見に行ってみました!

ありがたいことに、数あるDOBOOKSの中からPOP本を選んでいただき、目線ちょうどのど真ん中にPOP本を置いていただいています!

20周年記念ステッカーも貼られている限定品ですよ♪

上には、大好きな村尾隆介さんの書籍が。「ビジネスは毎日がプレゼン。」は、とても優しくてわかりやすい伝え方の本なので、おすすめです!(Amazon在庫少ないから急げ〜っ!!)

その後、戸井田さんと最近の書籍を研究。って言っても、並んでいる本を見て、思ったことを言い合うだけですが、これが結構いい学びになるんです。

 

私たちは瞬時に「ちょっと古くさそう」「難しそう」「シンプルでわかりやすそう」「ごちゃごちゃ読みづらそう」というように、中身まで外側で判断しているんですよね。

 

それをさらに「なぜ、これはわかりやすそうだと思ったの?」「どんな部分が古くさい印象なの?」と分析していくことで、それが「気づき」になるんです。

 

私は、それらをチラシづくりやPOPづくりに活かしています。

本が欲しければネットで注文して即届く便利な時代ですが、書店に行くとこうしたヒントが手に入るので、私は出張先で通りかかる度に書店に寄り道しています。

 

ぜひ、あなたならではのヒントを見つけてみてくださいね。

 

それと・・・まだGetしていない方がいらっしゃいましたら、ぜひPOP本を!


出張から戻ると、商業界6月号のチラシ・DM大賞で審査委員賞を受賞された、大分の「出逢い工房 竹山(ちくざん)」内田さんからお手紙が届いていました。

中には、素敵な桜染めのノートと、内田さん作の絵はがき、封筒の切手にはご家族のお写真が印刷されていました。内田さんのお人柄が伝わってくるセットです。

 

やわらかい気持ちにさせてくれる桜染めのノートは、何か特別なことに使いたいな。

そうだ!なかなか進まない2冊目の本のアイデアをここに綴ろう!そうすれば、執筆に向かう気分もワクワクしてくるぞ♪

 

今から2年前の執筆真っ只中のあの日々は、「絞り出す」毎日でした。書きたい文章があればサクサクいくんですが、本はブログのように書きたいことを自由に書けるわけではなくて、構成やバランスも大切だから、とにかく大変でした。

すべてを出し切ったけど、本にするにはまだまだ内容が足りなくて、「もっとください、もっとください」と原稿を欲しがる編集担当の戸井田さんが、まるで悪魔のようでした。笑

 

もう締切まで間に合わないんじゃないかって思うような時、何日も寝ない日が続いて、机に向かう精神力もなくなって、オフィスの床に寝そべって、パソコンを打つくらい追い込まれていたっけな。

 

仕上がってみたら、すごくいい本になっていて、あの時、弱気な私を励まし追い込んでくれた戸井田さんが天使に変わりました。笑

戸井田さんがいなかったら、間違いなくこの本は出来上がっていなかったから!だから2冊目も戸井田さんが担当をしてくれるのが嬉しさいっぱい!コワさもちょっぴり!? 笑

 

自分で言うのもアレですが、とても使える本なんですよね。POPを書く際にネタに困ったとき、パラパラ見ると必ずヒントが見つかるので、自分でもよく活用しています。あとブログのネタ探しにも使えるんだよなぁ。

 

ということで、1冊目でかなり精神力を使ったので、気持ち的になかなか2冊目に向かえませんでしたが、桜染めのノートを手に取って、内田さんのお顔が浮かんできたら、役立ててもらえる本を早く届けたいな!と思えてきました。

 

まずは決意より宣言を。来週中に最も苦手な「目次」づくりを頑張りまーす!やるぞー!もうやるしかない!頑張れ私!気合いだー!内田さん、ありがとうございます!

 

そうそう、先週嬉しいニュースが!おかげさまで、『売れる!楽しい!「手書きPOP」のつくり方』(同文舘出版)が17刷になりました!いつの間にかAmazonのレビューが32件も!

2冊目もたくさんの方に読まれる本になりますように☆