大学では経営学を学んだ私。「あぁ〜だから今そういう仕事をしているんですね!」とよく言われますが、それはほぼ関係ないと思います。

 

なぜなら、まったくイメージのわかない、ヨコモジだらけの講義に耐えかねて、昼寝や落書きばかりしていたダメダメな学生だったから。教授にも親にも本当に申し訳なかったです。。

経営用語の説明ばかりのマーケティングとか、なんちゃら(もはや講義名も忘れました)とか、そういう授業は、サイン・コサイン・タンジェント並みに「これってどんな役に立つのだろうか…」という思いでいっぱいでした。

 

だから、私のセミナーでは「ふぁいぶふぉーす」とか「ぺるそな」なんてヨコモジは使わず、「うんうん!わかるわかる!」と共感したり、「なるほどね!」と感じたりしているうちに、自然とそういうことが身について実践できるようにしています。

 

セミナーはたぶん小学生でもわかる内容だし、「実践したくなる」ってことに重点を置いています。ヨコモジを覚えることにはなんの意味もないですからね。そういう意味でいえば、大学の授業も大いに活かせているのかも。

 

そんな私が、珍しく経済学の勉強をしました♪ (雪が降ったらごめんあそばせ♡)それは、こんな超おもしろい一冊の本を見つけたから!

ヘンテコノミクス!高橋秀明さんのレトロかわいいイラストも素敵で、読み始めたら止められずに最後まで読みきってしまいました。

 

内容は最高に楽しいんですが、「あとがき」がたまりませんでした!この本が生まれるときの興奮が伝わってくるんです。

 

まさに私もこういう気持ちで本を書いたし、「すごはん」を立ち上げたときもそうだけど、何かものすごいパワーが湧いてきて大きな行動ができるときって、こういう、誰にも止められないような、ワクワクと希望でいっぱいになるんですよね〜。

源泉舘さんの公式ガイドブックもそう、増富温泉のすごろく包装紙もそう。商業界の冊子『100年経っても変わらない 幸せな商人になるための10の教え』だってそう!企画や制作の過程で飛び上りたくなるほど楽しくてワクワクしたもんなぁ〜!

 

今回読んだ本も、そんなワクワクの中で生まれた一冊だということが伝わってきたから、当然、楽しくないわけがありません!Amazonではマンガが一話読めるので、ぜひみてみてください。たぶん、欲しくなりますよ。笑  ⇒ ヘンテコノミクス

 

細かい部分まで遊び心が散りばめられて、楽しみながら丁寧につくられていることがよくわかる一冊。こういう部分も好きだなぁ。

私も一年の中で一番ハードだった出張ラッシュが来月ようやく落ち着くので、まもなく2冊目の本気執筆モードに入りますが、こういう気持ちで向かいたいな!と改めて背筋が伸びました!ヘンテコノミクスありがとう!

 

さてと、今日は富士山を拝みながら名古屋へ行ってきま〜す♪


新幹線の時間まで浜松駅のお土産コーナーでプラプラしていると、POPがたくさんついたお茶屋さんを発見!

わかりやすいPOPだな〜と思い、一枚一枚見ていると・・・

お父さん発見!

 

このイラスト、わかる人にはわかりますよね!?そして次のPOPを見た瞬間、「もしかして」が確信に変わりました!!

間違いなく、私の本の読者さんだ〜!感激していると、お店の方がお茶の試飲を持ってきてくれました。

 

美味しいお茶をいただいた後に、「このPOPどなたが書かれているんですか?」と尋ねると、お店のスタッフさんが書かれているとのこと。

 

「たぶん、私の本を参考にしてくださっていると思います!ありがとうございます!」と伝えると、お店の方がビックリして、レジ下から私の本を出して「もしや、この本ですか!?」と見せてくれました。

 

本には、ふせんがいっぱい貼ってあって、普段からものすごく活用してくださっている様子が伝わってきて、嬉しくて嬉しくて、その場で、先ほど試飲させていただいたお茶のPOPを書いてきてしまいました!笑

 

お店のPOPはどれも心がこもっていて、書かれているスタッフさんの優しさが伝わってきました。

POPを書かれているスタッフさんは、ちょうど休憩中ということでお会いできませんでしたが、また浜松に行く機会があったら寄ってみよっと♪

浜松駅にお越しの際はぜひ「さがみ園」さんへ!

 

【追記】「さがみ園」を経営されている、きくちはらさんのこんな素敵なブログを発見してしまいました!

驚き!作者さんご来店!

POPの捉え方にすごく共感!そして、お店のスタッフさんの翌日の様子を知り、特急電車の中で嬉しさのあまり涙が出ました!ありがとうございます!!

 

これからも、全国各地の実践者さんたちを見つけに行くぞぉーっ!次はあなたのお店に突撃するかも!?


販促物づくりのヒントが欲しかったら、本を読むのもいいんですが、まずは本屋さんに行くことをお勧めします!

本屋さんへ行くと、本がズラーーっと並んでいますよね。その中で、実際に本選びをしてみてください。おもしろそうな本はないかな?って。

 

その中で、思わず手にとってしまった本、気になった本のタイトルを分析してみましょう。そこに「気になる言葉のヒント」が隠されているんです。

 

例えば、こちらの本。右側の本のタイトルに注目してみてください。

問題解決の本がいろいろと並んでいますが、「10歳でもわかる」と書かれていると、簡単そうなイメージを持つことができて、手に取りやすくなりますね。

そのお隣の『なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?』というタイトルは、その文字を見た人が思わず身近な「あの人」を想像してしまうでしょう。

 

このように、本のタイトルにはいろんなヒントが隠されているんです。

 

それから、下の本も見てみましょう。売れている本、注目されている本のタイトルの共通点を探してみることでも、キャッチコピーや伝え方のヒントが見つかります。

さぁ、こちらの2冊の共通点は何でしょう?

 

--それは「かぎかっこ」ですね。そもそも、人ってまずは文字を「読む」のではなく、「見る」んです。

 

そんな中で、ポイントとなる文字を「」で目立たせることで、パッと注目を集めることができるし、そのあと全体を読んだ際に「強調」して伝えることができますね。

 

かぎかっこ内の文字の形(フォント)や文字サイズを変えて、強調している点にも注目です。この方法は、チラシやPOPなどの販促物にもすぐに取り入れられますよね!

ほら、上の本の「」も思わず注目してしまいませんか?

 

それから、明日香出版社さんのタイトルの付け方は参考になりますよ。

『あたりまえだけどなかなかできない33歳からのルール』というように、「あたりまえだけどなかなかできない」という言いまわしや、「33歳」という絶妙な年齢。うーん、気になりますよね。

 

それから、これまた明日香出版社さんの中でも人気シリーズのタイトル『30代で必ずはじめること、やめること』『「すぐやる人」と「やれない人」の習慣』にもヒントが。

『すぐやる人の習慣』というように、一方だけを取り上げるタイトルよりも、「やれない人」という真逆の習慣も知れた方が、より参考になりそうですよね。本当にタイトルっておもしろい!

 

ちなみに、私が思わず注目して手にとってしまった本はこちら。

『先生、カエルが脱皮してその皮を食べています!』どんな本なのか、タイトルだけでもなんとなくイメージすることができる、いい伝え方ですね。

 

ネットで何でも買える便利な時代ですが、本屋さんに行けば、目的買いすることが多いネットでは出会うことができない一冊に興味を持つことができ、そこでのヒントをたくさん手に入れることができます。

 

本のタイトルからヒントをもらって、今日のブログのタイトルを考えてみました。

 

本は書店で買いなさい

なぜ販促のプロは「書店」で本を買うのか

今日から使える!一生使える!キャッチフレーズのつくり方

社長、本屋さんに行ったら売れるキャッチコピーがつくれました!

 

こんな感じかな。おもしろい♪

 

ということで、まずは本屋さんに行ってみて欲しいので、紹介した書籍にはあえてリンクを貼っていません!ぜひ売り場で、見て触れて感じてくださいね〜!