ラクーンのごとーさんから、先日の東京チラシ講座の参加者さんの素敵な写真が送られてきて、自然ないい表情に思わずニヤニヤ♪

この他にも楽しいポーズがいっぱいあって、ご参加いただいた4名の方々も、同じようにニヤニヤしながら楽しく活用してくれると嬉しいなぁ〜♪

 

やっぱり、扱っている商品が1,000円以下のものだって、10万円のものだって、1,000万円のものだって、お店の人が笑顔の方がいいに決まってる!

 

例えば、いつも通る道路沿いに、敷居が高そうな和食のお店がオープンしたら、ちょっと気になる。でも、入り口に何もなければ、かなり入りづらい。

もし、ご主人の和かな写真が表のボードに貼られていたら、一気に安心感に繋がりますよね!

 

気になるんだけど、店内が見えないし、どんな人がやっているのかわからない。だから不安で入れない。

 

そんなお店が私の生活圏内にもたくさんあります。

 

このブログを読んでくださっている方も、私の顔がわからなかったら、ちょっと不安じゃないですか?

 

まっす〜のセミナーに興味があるけど、まっす〜ってどんな人かわからなかったら、かなりドキドキしますよね。

 

でも、こうやって私の顔が見えると安心ですよね〜♪

あっ、ちなみに前列のトマトが私です!

 

1杯500円のコーヒーを飲むにしても、中の様子が伺えない個人経営の喫茶店に入るのは勇気がいります。

 

当然、それより滞在時間が長いお店や、商品の値段が高い個人店は、さらにハードルが上がります。

 

恥ずかしいとか言っている場合ではなく、顔も見えないお店は不安!

 

勇気を持って、ちょっとだけでもいいから顔を出してみませんか☆

 

顔出ししてみようかな……という方には、こちらの記事もおすすめ!

手書きチラシ講座のオマケ「販促物に使えすぎる写真撮影」がお得すぎやしないだろうか!?


今年1月から5県10会場をまわってきた、中部エリアのパナソニックさんのPOP研修もついに昨日がラストDayでした。

 

最終回は日本一、いや、世界で一番短い名前の「津」でした。

津、人生初上陸なり!

 

POP未経験!センスないからこんなの書けない!イラストが無理!そんな声を聞けば聞くほど、私の想いが燃え上がります!

 

POPはなぜ必要なのか?そもそも何をどうやって書けばいいのか?セミナーは、参加者さんの気持ちを追って進めます。

そうしてセミナーが終わる頃には、こんな POPができました!すごいですよ〜!

セミナーでお伝えしたことを、お一人お一人それぞれのPOPで実践してくれているのが嬉しいです。

 

中部エリアのセミナーがすべて終わったので、名古屋駅で一人打ち上げをしました♪

中部エリアのでんき屋さんの仕事が、ワクワクいっぱいの「たのしごと」になりますように!応援しています!


昨日は渋谷からスタート!普段はでんき屋さんに研修会などをされている、パナソニックのスタッフさん向けのお手紙セミナーでした。

 

前半では、とっておきのあの人に想いを伝えるお手紙の書き方を紹介。

このお手紙、ご請求書やちょっとした際に添えれば喜ばれるし、10分(慣れれば5分)で書けちゃうので、本当におすすめですよ〜!

 

そして、後半は手書きお便りにチャレンジ!

あらかじめ写真や素材などを準備していただいたため、楽しいお便りになりましたね〜!続きが気になります!

 

今回私が注目したのはこちら!

タイトルの上にお便りの説明が書かれていますね!これを毎回入れることで、どんなお便りなのか、お客さんにわかってもらえるだけでなく、自分もブレずに続けられるので、けっこう重要なんです!

 

私も一緒に書いてみました。

お便りを手にとってくれる相手 = お客さんを想像しながら、コミュニケーションを交わすように伝えれば、読まれる、喜ばれる、いい関係性が築ける、そんなお手紙になりますよ♪

 

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね!