あんなに暑かった日々が嘘のように、最近一気に冷えてきましたね!慌てて部屋着を長そで長ずぼんにチェンジしましたよ〜!

 

それに加えて、ブタクサやヨモギなど秋の花粉が今年は強烈!私は春以上に秋の花粉に弱いので、ローションティシューが手放せません!

同志のみなさまは、ぜひこちらを参考にしてください!

2019年版ローションティシューナンバーワンはどれだ!?

 

さてさて、夏向けだったPOPも秋モードに衣替えしなきゃ!と思っている方も多いですよね!そこで、超簡単かわいい秋のPOPを紹介しますね!

 

まずは、白いコピー用紙にどんぐりときのこをたくさん描きましょう♪

笑顔だったり、目を瞑っていたり、びっくりしていたり。表情豊かだと可愛さ倍増です!ちなみに、ペンは「ぺんてるエナージェル0.7mm」を使っています。

 

黒ペンが乾いたら色塗りをします。カラーペンはおなじみ、「コピック」を使っていまーす!

色塗りが完了したら、ハサミで線に合わせてカット。POPにペタペタと貼れば、秋モード全開のPOPができちゃいます♪

秋気分を高めるためベージュの画用紙に、茶色のマステをプラスしてみました。

 

あとはこのPOPは脱力感を出したかったので、キャッチコピーや商品名、価格部分は太いペンを使わず、先ほど紹介したエナージェル0.7mmで一度書いた文字を肉付けして、文字を太らせました。

 

全部塗りきらず、スカスカな感じを残しているのもゆるゆるポイントです!

ちょっと脱力系のゆるかわいい秋POP♪ ぜひチャレンジしてみてくださいね〜!


コピックを使って夏の終わりにぴったりな封筒づくりにチャレンジしてみましょう!

コピックの先っちょの筆っぽい方を紙にペタッと押し付けると、しずく型になるんです。

この先っちょを活用すれば、簡単に「夏の定番のアレ」が描けるんですよ♪

 

使うのは、「赤・橙・黄・緑・青・藍・紫」の虹の7色ですが、ちょっと淡めの色を選ぶとかわいいですよ!

私が使っているのは左からR22、Y19・YG21・YG41・G00・BG02・BV00です。

 

で、これを中心からポンポンと円を描くように押していくだけで、花火の出来上がり〜!

ダイソーなどで販売している季節のシールを使うと夏らしさUP!

私は毎回Amazonでこの白い封筒を注文して、宛名などすべて手書きにしているんですが、季節ごとにちょっとしたイラストや柄を入れるようにしています。

そろそろ秋の模様も考えようかな〜。葉っぱなどにもできそうですね!ぜひこちらも参考にしてみてくださいね♪

コピックを使って夏の定番イラストを60秒で描いてみよう

100均シールを使ったら封筒がなかなかいい感じになった!

コピックで超簡単!雨の日の楽しいお手紙づくり


Amazonで注文していたイイものが届きました〜!これ、「クリヤーホルダーブック<モッテ>」っていうファイルなんですが、使っている方、いますか〜?

以前コクヨさんの展示会でいただいて愛用していたのですが、あまりに使いやすすぎたので、追加購入しました!

仕事柄、印刷物などの保管用見本が溜まってしまうし、定期的な印刷物をその都度整理整頓するのが地味に面倒くさかったりするんですが、これは超スゴイんです!

 

これを使う前は、上から差し込むポケットタイプのファイルを使っていたんですが、慎重に入れないと紙が折れたり、複数枚入れるとポケットがパンパンになっちゃうのがストレスだったんですよね。

 

それが、この「モッテ」は、クリアファイルと同様にスルッと入る!しかも大量に!極め付けが「ストッパー」の存在です。

この右上の白い三角部分のストッパーにファイルの端が挟めるようになっているので、ファイルにはさんだ資料が落ちてこないんです!

落下しづらいので、制作途中のチラシやPOPなどのパーツも一緒に入れられるのもめちゃ便利!

1cm弱の厚みがあって、資料が大量に入ります。私は1ポケットあたり20枚入れているんですが、かなりスッキリしていますよ〜!

最近資料整理して改めてこの使いやすさを実感したので、追加購入しちゃいました!書類持ち運ぶ系の方や、事例など見本を保管したい方には本気でおすすめです!

 

ちなみにこのかわいい柄は限定バージョン。Amazonで残り1個を買っちゃいましたー!ごめんなさーーい!

通常バージョンはいろんな色が選べますよー!このクオリティでこのお値段も嬉しいぃぃ!⇒ 商品ページはこちら 

 

ちなみに、モッテには

「クリヤーホルダーブック〈モッテ〉(固定式)」

「クリヤーブック〈モッテ〉(固定式)」

がありますが、今回のブログで紹介したのは「クリヤー〝ホルダー〟ブック<モッテ>」の方なのでお間違いのないように!

 

名前は似ているけど、収納方法が違います。下の画像クリックでコクヨ さんのYouTubeが開きま〜す。