Amazonで注文していたイイものが届きました〜!これ、「クリヤーホルダーブック<モッテ>」っていうファイルなんですが、使っている方、いますか〜?

以前コクヨさんの展示会でいただいて愛用していたのですが、あまりに使いやすすぎたので、追加購入しました!

仕事柄、印刷物などの保管用見本が溜まってしまうし、定期的な印刷物をその都度整理整頓するのが地味に面倒くさかったりするんですが、これは超スゴイんです!

 

これを使う前は、上から差し込むポケットタイプのファイルを使っていたんですが、慎重に入れないと紙が折れたり、複数枚入れるとポケットがパンパンになっちゃうのがストレスだったんですよね。

 

それが、この「モッテ」は、クリアファイルと同様にスルッと入る!しかも大量に!極め付けが「ストッパー」の存在です。

この右上の白い三角部分のストッパーにファイルの端が挟めるようになっているので、ファイルにはさんだ資料が落ちてこないんです!

落下しづらいので、制作途中のチラシやPOPなどのパーツも一緒に入れられるのもめちゃ便利!

1cm弱の厚みがあって、資料が大量に入ります。私は1ポケットあたり20枚入れているんですが、かなりスッキリしていますよ〜!

最近資料整理して改めてこの使いやすさを実感したので、追加購入しちゃいました!書類持ち運ぶ系の方や、事例など見本を保管したい方には本気でおすすめです!

 

ちなみにこのかわいい柄は限定バージョン。Amazonで残り1個を買っちゃいましたー!ごめんなさーーい!

通常バージョンはいろんな色が選べますよー!このクオリティでこのお値段も嬉しいぃぃ!⇒ 商品ページはこちら 

 

ちなみに、モッテには

「クリヤーホルダーブック〈モッテ〉(固定式)」

「クリヤーブック〈モッテ〉(固定式)」

がありますが、今回のブログで紹介したのは「クリヤー〝ホルダー〟ブック<モッテ>」の方なのでお間違いのないように!

 

名前は似ているけど、収納方法が違います。下の画像クリックでコクヨ さんのYouTubeが開きま〜す。


POPを売り場に設置すると、あっという間にボロボロになってしまいます。ボロボロになったPOPがついた商品は清潔感がなく、鮮度も悪そうな印象に…。これでは逆販促になってしまいますね。

完成したPOPをラミネート加工することによって、湿気や汚れにも強くなり、ピシッとキレイな状態を保つことができます。POPの持ちがよくなるので、季節商品のPOPなど保管しておけば翌年以降も再利用することができます。

上のPOPは、5年以上も効果を発揮し続けています!ラミネートするとPOPの寿命がぐーーんと伸びるんですよ〜!

5年経っても効果発揮中!手書きPOPいっぱいのホテルのお土産コーナー

 

ラミネーターは電気屋さんやホームセンター、ネットショップなどで買うことができます。価格は安いもので2000円台から数万円のものも。何を基準に選んだらいいか、以下を参考にしてみてください。

 

1.ラミネーターのサイズ

ラミネーターのほとんどは、A4かA3サイズになります。お店でラミネートするものがA4より大きいかどうか?によってサイズを選びましょう。

 

2.仕上がりの綺麗さ

ラミネートの値段は「ローラーの数」によって大きく変わります。ローラーが2本よりも4本の方がフィルムがしっかり密着して仕上がりが綺麗になります。

POPの付け替え頻度が高いから、すぐに作ってすぐに捨てるよ!という方なら2本ローラーでもいいかもしれませんが、POPを長持ちさせたい!綺麗に仕上げたい!という方は4本ローラーがおすすめです。

 

3.起動時間

ラミネーターはスイッチを押してもすぐに使えません。機械が温まるのを待つ時間があるのです!あまりに待ち時間が長いと、ラミネート自体が面倒になってしまうので、起動時間も短めの方が使いたい時にパッと使えて便利です。

 

私が実際に使っているラミネーターを紹介します。画像クリックでAmazonにリンクします。

 

アイリスオーヤマ HSL-A44-W ホワイト(4本ローラー)
4本ローラーなので、仕上がりがキレイ!そして何よりスイッチを押したら35秒で使えるところが最高です!4本ローラーにしては値段も手頃なのもおすすめポイント!気軽に使うならコレがおすすめ!A3サイズ対応機種もあります。

 

フェローズ  Jupiter Plus A3(4本ローラー)

この前の機種を購入しました。値段はお高いですが、さすがのフェローズ、キレイにラミネートしてくれます。飲食店のメニューなど、しっかり作りたいときに重宝しています。ただ、重くて大きい!そして起動時間が長い!そのため、普段は棚の上で眠っています。

 

ココ、大事な話です!

ラミネーターですが、これまで5、6台購入してきたんですが、不良品率が高いんです!!!! 振ってカチャカチャ部品の音がしたり、ラミネートフィルムが詰まりやすかったり…。

 

なので、購入したらすぐに使ってチェックしてください。一発目でフィルムが詰まることもあるので、本気で書いたPOPは新品の最初の使用は避けた方がいいです。

ラミネートフィルムは厚さが「μ(ミクロン)」という単位で表示されていて、基本は100μで十分です!メニューなどガッチリ厚めにしたい場合は150μを使うこともあります。

ラミネートをするとツルツルして安っぽくなるから嫌い!!という方は、マットなフィルムもあるんですよ。
和風なお店や大人っぽい雰囲気を出したい時などはこちらがおすすめです。ただ、普通のラミネートフィルムの2〜3倍の価格です!それから、ほとんどは片面しかマット加工が施されていないので、ラミネートする際は表裏逆にならないように注意が必要です。

 

ラミネート加工後、POPの角がとがっているとケガの原因になるので要注意!手のひらで一周ぐるっと触って、角は必ず丸く切るようにしましょう。爪切りのように角を丸くカットしてくれる便利なグッズもあるので、一つ持っていると重宝しますよー!

最後に、人が頻繁に行き交う売り場は埃が溜まりやすく、POPにも埃がつきやすいので、清掃など定期的なメンテナンスも忘れずに!


時短でPOPがつくれる便利なグッズをコラボさせていただいた明和産業さんのお得なキャンペーンは、本日13時までです!まだご利用いただいていない方、後々後悔しないためにも、急いでチェックしてくださいねーー!

popcard buffet big banner

私的おすすめは、通常価格500円の「まっすーの手書きPOPカード(全3種)」も選べる5000円会場!5000円でお好きな対象商品30点選べます。単純に、まっすーの手書きPOPカードだけを30点選んだとすると、通常価格の3分の1(@166円)で買えちゃうってことでしょ?すごすぎる。。

 

今日のブログは大好きなマステネタ。先日出雲へ3泊4日の出張は、スーツケースの余裕がなかったので、お土産はこの一つだけ。出雲のマステを買いました!

因幡の白兎かな?金色の雲もまたいい感じで一目惚れしてしまいました!

ネットで調べたら、出雲蕎麦柄もめちゃめちゃ可愛い!次回行った時のお土産にしよう!

 

北海道から沖縄まで、全国各地行く先々のご当地マステを購入していますが、マステって元々は自動車塗装用に粘着力の弱いテープが必要とされて1925年に開発されたのが始まりだとか。(Wiki参照)

 

日本では、1938年に今の「寺岡製作所」さんが和紙製のマステを開発して、世界中で「マステといえば紙」というのが主流になったらしい。

 

それが、2008年に、カモ井さんが文具様に「mt」を発売すると、一気に私たち一般にも浸透!もうすっかり生活に馴染んでいますが、mtの誕生は意外と最近なんですね〜!

 

そもそも、カモ井さんの歴史を見るとハエトリ紙が主力だったのに、「マスキングテープって、かわいい♡」という女性の声を拾い、文具としての「mt」ブランドを立ち上げたそうです。

 

今やハエトリ紙を目にする機会はほとんどありませんが、マステは毎日持ち歩くレベルですよね!

 

私たちの商売も、日々の何気ない行動の中や、お客さんのつぶやいたほんの一言の中に、大きな可能性につながる扉が開いているのかもしれませんね。感性磨いていきましょう!

【保存版】〝POP映え〟するマスキングテープ大紹介 -春夏編-

突然現れる「チャンスの神様」には前髪しかない

 

ところで・・・花粉症がついに本格的に始まりましたよぉぉぉ。

花粉症仲間の方は、昨年私がマニアックなランキングをつくったので参考にしてみてください。つらいシーズン、共に乗り越えましょう!

2019年版ローションティシューナンバーワンはどれだ!?