こちら、パナソニックのジェットウォッシャーのPOPなんですが、ふきだしの文字にご注目!

文字をデコることで、より伝えたい情報を強調したり、POPそのものを目立たせたりする効果があるんです!

 

デコり方はとっても簡単。一度太いペンで書いてから、それより細いペンで文字を太らせたり、線をプラスしたりするだけです♪

これは、ちょっと気持ち悪さを出すことで、思わず見てしまう文字にしてみました。

おまけにイラストは、プロッキーの太ペンで線をガッツリ太く書くことで、これまた目立つようにしています。

文字のデコレーションはワンパターンではなく、伝えたい内容によって変化させられるように、バリエーションを増やしていけるといいですね!

 

例えば下のPOPは、「お肌がボロボロ」ということを伝えるために、カサカサに墨がなくなった筆ペンで「かすれ」を出して書いています。

「バリエーションなんてどうやって増やすの?」という方は、日頃からいろんな販促物やデザインをじっくり観察してみましょう!あっという間に引き出しが豊富になりますよ〜!


前職の頃からお世話になっている山梨県内の介護用品店さんで、介護用シューズのPOPづくりのお手伝いをさせていただいたのが2014年12月のことでした。

 

最初は何もなかった売り場に、パンフレットを見たり、自分で実際に履いたり、歩いたり、脱いだりしながら商品の特徴を体験して黙々と2日間ひたすらPOPづくり!

パンフレットの写真やイラストを入れながら、商品の特徴をわかりやすく伝えました!

POPが増えると、売り場が一気に賑やかに!

何もわからない状態で売り場に来ても、ぱっと見で特徴や魅力がわかるようになりました!

POPの効果は偉大なり!!

そんなこんなで、あれから6年近く経った今、なななんと、こちらのシューズメーカー徳武産業さんの方が私の本を読んでくださって、SNSで繋がることができました!めちゃくちゃ嬉しいご縁!

 

この時のお仕事は、売り場全部のPOPを任せていただく貴重な機会だったので、印象深く記憶に残っているし、今でも基本のPOPのつくり方の例として紹介しています。

 

このPOPを書いていた2014年のあの日、まさか本を出版して、そこにこのPOPを掲載して、それをメーカーの方に見てもらえ、SNSで繋がれるとは思ってもいませんでした。

 

仕事って自分にも想像できないくらいどんどん無限に広がっていって、たくさんの人と出逢うことができるのがたまらなく楽しいですよね!!

 

四国でセミナーを開催して、徳武産業さんのある香川県にも行きたいなぁ〜!やりたいこと、叶えること、また一つ増えました♪


山梨県しもべ温泉・古湯坊源泉舘さんの客室には冷蔵庫があります。

 

ミネラルウォーターや地元のお酒などが入っているのですが、キャップ部分しか見えないため、取り間違えるお客さんも時々いらっしゃいます。

 

そこで、POPで解決することに!と、続きは2分弱の動画でぜひご覧くださいね〜。売上げが劇的にUPしたワインのPOPも登場します!

 

動画で紹介しているPOPはこちらからじっくり見ることができますよ〜!参考にしてくだいね♪

旅館やホテルの冷蔵庫商品、ちゃんと販促していますか?

【ホテル・旅館の販促】宿泊施設の冷蔵庫はPOPのゴールデンスポット!

さてさて、思いついて3秒でとりあえず撮ってみた動画第三弾ですが、次回はいよいよ最終回。お楽しみに〜!