前回のブログではカフェ風POPを紹介しました。今回は雰囲気をグルっと変えて、居酒屋風手書きPOPを書いてみましょう!

カフェ風シンプルかわいい手書きPOPのつくり方

 

前回のブログ同様、「要素」を書き出してみましょう。私が思う「居酒屋さんっぽいPOP」はこんな感じ。

・文字やイラストに筆ペンを使っている

・A4コピー用紙を縦にして使っている

・文字は少なめに一言でインパクト重視

 

実際にアイビスペイントを使って書いてみました。

ちなみに、こちらの筆っぽい線は「走り書きペン」というブラシを使っています。デジタルでここまで筆ペンっぽく描けるなんて感心しちゃいますよね!

 

餃子は適当に書いただけなのでアレですが、色を塗ればそれっぽく見えるので心配せずゴリゴリと描きましょう♪

 

例えばスーパーのお惣菜コーナーに居酒屋メニュー風POPが溢れたら、テンション上がっていろいろ買いたくなっちゃうだろうなぁ〜!

 

お祭りのときとかにも使えそう!みなさんもチャレンジしてみてくださいね!

 

こちらの記事もぜひ!

5分で書く!飲食店・居酒屋の手書きPOP

イラストBOOKとiPadを使って10分以内で手書きPOPを書いてみた!

居酒屋さんとお洋服屋さんの秀逸手書きPOPに注目!


おしゃれなPOPってどう書くの?

いい感じのPOPの書き方は?

居酒屋さんみたいなPOPを書いてみたい!

〇〇なPOPをつくりたい!と思ったら、最初にするべきは「〇〇なPOP」が一体どんなPOPなのかを知ることです。

 

例えばカフェ風のPOPをつくりたい場合、カフェ風って一体何なのか、「ぽさ」を醸す要素をあげていきます。

 

まずはGoogle検索バーに「カフェ 手書きPOP 」と入力して画像検索しましょう。キーワードに「おしゃれ」とか「シンプル」とか好みのワードを追加するのもおすすめです。

私が画像検索をしてカフェのPOPっぽいなと思った要素は次の通り。

・茶や黒など濃いめの色の用紙に書いている

・文字は白

・全体的にカラフルではなくシンプル

・枠など手描きの装飾

 

あとは、この要素を詰め込んだPOPを書くだけです!

シンプルになりすぎたなーってときは、マスキングテープを貼ってみてもいいですね。

大人っぽい感じにしたい場合はイラストではなく写真を使って、文字をもっとラフに書いてみると、印象がまったく違いますよね。

ちなみに、昨年発売した「まっすーのイラストBOOK」は、4つのタイプからイラストのテイストが選べるので、イラスト入りカフェ風POPも簡単につくれちゃいますよ〜。

「いいもの」は「いいもの」を知らないことにはつくれません。まずは「それってどんな?」を知ることからスタートしましょう!

 


手書きチラシのお仕事が満載だったので、昨日はずっとiPadをつついていました。

 

お馴染みの未来想像塾さんの夏期講習チラシは、ちょっと雰囲気を変えて黒板風に。

裏面は夏らしくブルーにしてみました。毎回嬉しい反響をいただいているチラシ。今回もたくさんのお申し込みに繋がるといいなぁ〜♪

iPadで販促物をつくれるようになってから、劇的に作業が手軽になったし、思うままにデザインできるようになりました。

 

そうそう、先日納品させていただいた食材卸の「うおしん」さんのWebサイトのイラスト素材も、iPadで作成したんです。まだ最小限の情報しか入っていませんが、よかったら覗いてみてくださいね♪

こういう身近な販促物を自分でつくってみたい!という方はiPadで販促物づくりのオンライン講座を行なっているので、ぜひご連絡くださいね。

一人は不安…という方のために、みんなでワイワイ学べる機会もそろそろつくりたいなーなんて思っているので、また企画しようかな?早く企画して!などリクエストあれば、このブログのフォームからぜひご連絡くださいね〜。