話題のアプリで遊んでみました!まずは「らくがきAR」アプリ(120円)をインストールして、適当にらくがき〜!

使い方とか特に見ませんでしたが、単純操作ですぐに使えました!動画(音が出まーす)はこんな感じ!めちゃおもしろい♪

画面をタッチすれば勝手に動きまわるので、小さな子どもも楽しめますね♪

 

途中でまっすーのお友達も登場させてみましたよー!

iPhone・iPadで操作できました。夏休みの遊び道具として、姪っ子たちに教えてあげよう!

 

おもしろアプリとたのしごと、何か融合できないかな?なんて考えていたら、いろんなアイデアを思いつきました!

 

カタチになったら紹介しますね!最新アプリもいろいろチェックしていきたいなぁ〜♪


「POPに何を書けばいいのか、キャッチコピーが全然浮かばない…」オンラインセミナー中に、こんなご相談をいただきました。

 

POPに何を書けばいいのか悩んでいる方、とっても多いんです。

私が「最近お客さまからどんな質問をいただきましたか?」と聞くと、答えがすぐに返ってきます。

 

・AとBの違いは何?

・どうしてコレは他より高いの?

・おすすめはどれ?

 

これら質問をそのままキャッチコピーにすればいいんです!

 

これはある食器店さんの売り場ですが、私は写真中央の木の板のようなものの使い方がわかりませんでした。

そこでオーナーさんに「これ何に使うんですか?」と質問すると、商品の使い方や使い道を丁寧に教えてくれました。その結果、私の中でこの商品の魅力がグンとアップしたんです。

 

そこで、POPのキャッチコピーには「これ、何に使うの?」とそのままの言葉を書きました。

POPを売り場につけると、商品が次々と売れるように!お客さんの言葉をそのまま使うことで、お買い物中のお客さんの心の声や質問に答えるPOPになるんです!

この他にも、

・お値段を見て「高っ!」と思いましたよね!実は…

・どれを選べばいいの?

・難しくてよくわからない!

などなど、お客さんの言葉をそのまま使えばキャッチコピーに悩む時間がグッと短くなります!

 

お客さんとのコミュニケーションも重要になるので、ぜひ日頃からお客さんの声にアンテナを高くしていきましょう!


おかげさまで、『売れる!楽しい!「手書きPOP」のつくり方』は現在30刷、43,000部の発行となっています。

 

手書きPOPに可能性を感じて「魅力を伝えたい!」と考えている人がたくさんいるということですね!

今日のブログは、POPの必要性を考えさせられた「サービスエリアでのあるエピソード」を紹介したいと思います。

 

とあるお菓子メーカーの社長さんから、サービスエリアで販売している商品の販促について相談を受け、さっそく実際の売り場を見に行くことに。

 

お客さんのリアルな行動を知りたかったので、15分間だけ社長と一緒に売り場の影から観察スタート。

通りすがりに振り返ってずーーーっと商品に視線をやりながら通り過ぎていく男性。

 

立ち止まって商品手に取り、箱の正面、横、裏までじっくり見て、売り場に戻す男性。

 

一度手に取ったものの売り場に戻し、再び売り場に戻ってきて手に取って戻し、三度手に取り売り場に戻した女性。

 

わずか15分の間に、様々なお客さんのリアルな行動を目にすることができました。

さて、3名のお客さんは何を探していたと思いますか? 私は、「最後のひと押し」だと考えています。

 

特に、2、3人目のお客さんは「気になって、気になって、ほぼ買いたい状態」です。で、パッケージをぐるりと見ても、残念ながら「最後のひと押し」がなかった…。

 

そう、お土産品のパッケージの大体はオシャレ感だとか雰囲気がメインで、買いたくなる理由だとか、それこそ最後のひと押しがありません。

 

もしパッケージに最後のひと押しがあったら結果は違っていたと思うし、パッケージが伝わらないのなら、手書きPOPがあって、商品の魅力や買う理由があったら、あの場で商品は買い物カゴの中に入れられていたと思っています。

そんなことを伝えると、社長はハッとした表情で「必要ですね!POP!」と決心してくれました。

 

印象深かったサービスエリアでのエピソードは、今日も至る所でリアルに起きていること!最後のひと押しを、ぜひ!

 

こちらも面白いのでぜひご覧ください♪

パッケージだけで魅力が伝わらないならPOPで補足しよう!

【ホテル・旅館の販促】宿泊施設の冷蔵庫はPOPのゴールデンスポット!