以前、日経新聞の特集記事で取材していただいたくらい、ホテル選びには並々ならぬこだわりを持っています。

 

地域にもよりますが、基本的に1万円以内で駅近(セミナー会場近く)のホテルを探します。煙草を吸わないので、部屋は禁煙で。

 

そして、白いシーツに包まれた「デュベ仕様」のベッドを選ぶようにしています。濃い色のシーツはシミなどで汚れている場合もあるので、やっぱり白が間違いなし。

それに、ペロッと一枚かぶせてあるカバーよりもデュベ仕様の方が清潔で安心して眠れます。このタイプは新しめのホテルに多いし。

 

これは共感してくれる人はいるかな?ベッドスローはどうしても不衛生な感じがしてしまうので、真っ先に取ってしまいます。

 

口コミの★マークを安易に信じるのも危険です。例え★4のホテルだとしても「値段の割に良い」という評価の場合もあるので、手抜きせずに写真の細かい部分などもあわせてチェックすることが重要です。

それから忘れちゃいけなのが、バスルーム!出張生活が長いとバスルームも重要で、シャワーがねじれて明後日の方向にお湯が飛んで行くお風呂は本当にテンションが下がります。。笑

 

最近は洗い場付きのバスルームも増えてきているので、そういうホテルはめちゃくちゃテンション上がります♪あと脚が伸ばせるバスタブも嬉しい!

 

ちなみに、ホテルのシャンプーや歯ブラシなどは使わず、自前のものを準備していくので、アメニティにはこだわりません。

IMG_0771

出張の荷物についてはこちらで詳しく書いたので、ぜひ見てみてください♪

女性の出張&ビジネスホテルを快適にするコツ!おすすめ旅行グッズも紹介するよ!

 

ところで、どうしてそんなにホテルにこだわるか?というと、やっぱり「いい仕事をするため」です。

 

私の場合、ホテルをチェックアウトしてセミナー会場に向かい、そのまま会場の空気をつくりながらお話するので、朝イチの気持ちってめちゃくちゃ大事。

狭くてカビ臭いホテルで過ごし、ジメジメしたシーツに包まれて眠り、水圧の弱いクルクルまわるシャワーを浴び、そよ風のようなドライヤーで髪を乾かしていたら悲しくなってしまいます。笑

 

それに空調が悪くて喉をやられたら仕事にならないし、十分に睡眠が取れないと翌日頭がまわらないし、いい仕事はできません。

 

ただでさえ枕ひとつで眠れなくなる神経質なタイプなので、慣れているとはいえ、毎日違うホテルで、違うベッドで眠るのは、たぶん結構な負担になっているハズ。

 

だから、いいイメージができるホテルにこだわって予約するようにしています。自信を持って臨みたい大きな仕事の前日は、奮発していいホテルを予約することも。ホテルは気分を高める手段でもあります。

あっ!それから忘れてはいけない重要な点がもう一つ!予約時に「できれば、エレベータから離れた部屋にしてください」とお願いすること!ネット予約だと備考欄にコメントを入れられますね。

 

エレベータ近くの部屋だと最悪で、スーツケースのガラガラやエレベータ到着のピコーンて音が部屋まで響いてくるだけでは済まされません!

 

もう眠りにつきたい深夜に「いやぁ〜今日はありがとうございました!どもども!ははは〜」なんて酔っぱらいオジサンの大きな挨拶が繰り広げられます。それ、エレベータの中で済ませておいて〜!笑

廊下を歩くのが面倒でも、快適な睡眠を得たいのならば、できるだけ遠く遠くにしましょう。

 

あとはなんだろな?あ、ビーチサンダルを持参します。

 

使い捨てではないスリッパはちょっと履くのに抵抗があるし、ビーサンならお風呂上がりにも便利!スーツケースに入れてもかさばらないので、大抵持って行きます。

疲れたときはビーサンで移動できるし。笑

 

出張族ならではの出張の知恵。また面白いネタがあったら紹介しますね〜♪


先日、明和産業さんでいろんな販促おもしろグッズのサンプルをいただいてきたので、源泉館さんの売場で実験することにしました!

まずは、こちらのピカピカ光るパーツ。光る部分のうち2個だけを筆ペンで塗りました〜。

白い紙にペタッとスタンプのように押してみると、筆の墨が2つ付きましたね。

その2つの点を目にした社長の似顔絵が完成!

目の部分に穴を空けて、電球をサクッと入れ込みました。

スイッチをONにしてみると・・・お〜!目が光ったぞ〜!

それをPOPとミックスさせたら、こんな感じになりました〜!目がキラーンってしてます(笑)下の4秒動画見てみてください♪

 

 

お次は、こんなスイングする装置を使います。

ちっちゃい女将さんを描いてラミネートしましたよ〜。

POPと組み合わせたら、こんなにかわいいPOPになりました〜!

 

それから、カウンターにこんなかわいい社長もつくりました。なかなかの高速!笑

 

「なんだそりゃ〜!?」と社長もビックリ!笑

うんうん、どれも楽しく活用できました♪  肝心な商品POPとしても目を引くし、いい感じです!

 

「売場を目立たせたい!」「楽しい売場にしたい!」「POPづくりがマンネリ化しているから、なんとかしたい!」

 

そんな方のために、もうちょっと実験を重ねて、手軽に活用できるようにしていきますね♪ 楽しみにしていてくださいね〜!


POPに何を書けばいいの?チラシに気の利いたひと言を入れたい!・・・キャッチコピーって悩んじゃいますよね〜。

そんな時は、こうして考えます!

 

まずは商品選び。売りたい・買って欲しい商品ではなく、知って欲しい商品、コレすっごくいいんだよ!って教えてあげたい商品を選びましょう。

 

次に、何でそれを知って欲しいのか?を伝えます。そうすると、こんな理由をあげるパターンが多いんです。

 

「◯◯成分がこれまでよりも20%もアップしたから」

 

だけど、これではお客さん(=素人)に伝わりません。なので、「20%アップしたことで、どういいの?」と自分に質問します。

 

そうすると、今度は「お肌の潤いがアップしてキメが整うんです」てな感じのコメントが出てきます。

 

「お肌の潤いがアップしてキメが整うとどうなるの?」

 

「化粧ノリが良くなって朝からテンション上がるし、化粧崩れもしないから一日Happyに過ごせるんです♪」

 

これで、ようやくお客さんがイメージできる言葉が出てきましたね♪ これをそのままPOPに書けばOKです!

どうしておすすめなの?

そうするとどうなるの?

これまでにどんなエピソードがあった?

この商品を使ったお客さんは何て言ってくれた?

 

質問を繰り返すことで、お客さんの気持ちに段々と近付くことができるんです。

慣れないうちは仲間同士でやってみるのがオススメですが、慣れてきたら自問自答でOK!簡単なので、ぜひやってみましょう〜!

 

先日も、こだわりのパン屋さんの2,500円のジャムについて、質問したら、こんなナイスな言葉が出てきました!

それから、「もし売れなくても自分たちで食べたいから、扱うことにしました」という言葉も!うーん、グッと来ちゃいますよね〜!私も食べてみたい!!

 

さぁ、これでもうバッチリ!キャッチコピーづくりを楽しみましょうね〜!