セミナー会場のフロアで、カレーづくりをしていたらしく、セミナー後に部屋を出ると、すっごくいい匂い!久々にカレーが食べたくなって、ココイチへ直行しました♪(自炊するという選択肢がない……笑)

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%99%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%81%ae%e7%b2%be

2年前に描いた謎のランプの精

 

店内に入ると、新人さん(風)の男性が接客してくれたんですが、真面目な人柄が伝わってくる、素晴らしい接客でした。慣れたスタッフさんは安心ですが、慣れると言葉に心が入らなくなってしまうんですよね。

 

これは、私も常々自分に言い聞かせていることで、特に定番のPOPセミナーでは、流れるような「慣れ」で話さないように、参加者さんを見てその方に向けてお話しするように、1回のセミナー中に何度も何度も意識しています。

 

頭で考えて心で伝える、そんな新人さんの対応はとても誠実だし、お店にいたスタッフさん全員がとにかく一生懸命で、みなさんとても素敵でした。美味しいカレーに素敵接客スパイスが加わって、さらに美味しく感じました。

%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%bc%ef%bc%93

2年前に描いた謎の男性

 

実は私、学生時代にファミレスでアルバイトをしたことがあったんですが、空腹のお客さんは攻撃的だったり、ピーク時の厨房とフロアの険悪ムードに馴染めず、長続きしませんでした。

 

だから、飲食店で素晴らしい接客をしてくれるスタッフさんは本当にすごい!感謝の気持ちを伝えたかったけど、私は大の人見知りなので、普段は滅多にしないのに卓上にあったアンケートハガキにそっとお礼を書いてきました。

 

一度褒められたり、評価された経験って、いつまでもいい意味での自信に繋がって、それを糧に頑張れるんですよね。私もバイト時代にお客さんや店長から褒められた経験が今に繋がっています!メッセージ、彼に届くといいな〜!

%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%bc%ef%bc%92

2年前に描いた謎のランプの精②

 

そんなこんなで、美味しかったカレーと素敵だった彼ーの接客に感激したというお話でした♪

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


昨日は、地元山梨県・南アルプス市役所さんの創業支援として、すごい名刺セミナーを開催しました。

 

すごい名刺セミナーでは、自分(お店や商品など)の魅力の棚卸しをして、一番大事な軸をしっかり立てて、それらが伝わるキャッチコピーやカラーなどを考え、1枚の名刺の中で伝えるというワークを行ないます。

%e5%90%8d%e5%88%ba%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc

単に見た目がかっちょいい名刺をつくるだけじゃなくて、自分の商売の方向性が明確になるのが、このすごい名刺セミナーの特徴。

 

私は元々印刷会社の販促部だったので、名刺の重要性は知っている状態で起業したから良かったものの、名刺で出逢いやその後の関係性や仕事まで変わることを知らない人がほとんど。

 

「普通の名刺が当たり前」だけど、すごい名刺がどれほど自分の商売や想いを知ってもらうのに役立つか、もっと伝えていかなくちゃいけないなぁ。

IMG_2575

私の名刺は二つ折りで、この名刺の中に、私が「すごはん」として「たのしごと」を大切にしているという想いを伝えています。私にとってはこれがパンフレット代わりにもなっているんです。

 

昨日のセミナーの参加者さんから、とっても面白い質問をいただきました。「正直、この名刺を使ってスベッたことはありません?」素直な質問だと思います。

 

「スベる」というのを「失敗した」と解釈すると、一度もありません。むしろ、「さすが、すごはんは名刺も凄いんですね!」「やっぱりこういう名刺が必要ですよね」と名刺交換の度に言ってもらえるんです。

 

販促のプロが普通の名刺を使っていたら、それこそスベッてしまいますよね・・。
%e5%90%8d%e5%88%ba

 

たしかに「普通」じゃないことをするのには勇気が要ります。もしも、片手間に起業、もしくは副業して、お小遣いくらいの収入があればいいや、程度なら別に必要ないかもしれません。

 

でも、想いがあるなら伝えなくちゃ!「恥ずかしい」よりも、「伝えたい!」が先に来るはずです。普通じゃないからこそ相手の印象に残るし、自分の想いがどれほど強いのかを、初対面の相手に示すことができるんです。

ハートを抱える人

自分の生み出す商品やサービスによって本気で誰かに喜んで欲しい!本気で商売したい!と考えているのなら、伝えることにブレーキをかけている場合ではありません。

 

すごい名刺の魅力は、自分の想いを伝えるだけではありません。商売をする上で避けなければならない「ミスマッチ」を防いでくれる、という大きな役割があります。

 

例えば、「たのしごと」を伝えている私の場合、「儲かりゃ何だっていいじゃん!」という人は、すごはんの、増澤 美沙緒の考え方は合わないと事前に判断してくれるんです。

 

伝えているからこそ、単に利益を追求するための販促ではなく、ゴールを「たのしごと」としている私の価値観・思想に共感してくれる人が集まってくれるんです。

いろいろ のコピー

本当、すごい名刺ってすごいんですよ。使ったらほぼ確実に実感してもらえるんだけどなぁ〜。

 

・・・と思ったら、ナイスなタイミングで、近々東京ですごい名刺セミナーを行ないます!11月18日、詳しくは下のバナーをクリックしてくださいね☆

名刺

「自分が変われる気がして、思いきって参加してよかった!」「一時は閉店を考えていたんですが、名刺セミナーで方向性が見えたら、商売が起動に乗った!」など、参加者さんの喜びの声がたくさん。

IMG_7854

ひとりひとりの参加者さんに向き合いたいので、少人数制で行ないます!どんな名刺ができるのかは、セミナー企画者である、(株)ラクーンの後藤由希さんのブログがわかりやすいので、チェックしてみてくださいね! ⇒ ごとーさんのブログ

 

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


以前、宿泊先のスタッフさんに夕食の時間を訊かれたときのこと。

 

「お夕食は、私が帰る時間なので〇〇時まででお願いします」スタッフさんの伝え方は、わかりやすいんですが、少しもったいなく感じました。

コミュニケーション2

自分の都合を伝えるより、「美味しいうちに召し上がっていただきたいので、〇〇時まででお願いします」の方が、価値がアップしそうですよね。

コミュニケーション4

 

先日、ちょっと奮発したシートで乗った飛行機のドリンクサービスでの話。

img_2800

「特別なトマトジュースもございます」というひと言に惹かれていただいたら、CAさんが「こちらは希少なインカレッドという品種を使っているんです」と教えてくれました。美味しいトマトジュースの価値がさらにアップ!伝え方で随分変わりますよね。

 

「すみません」を「ありがとうございます」に変えるなど、日常のちょっとした伝え方、当たり前の伝え方に意識を傾けることで、気付きがたくさんありますよ〜。価値が高まる伝え方を心がけていきましょうね!

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん