セミナーでも毎回大好評の「立体POP」のつくり方をご紹介しま〜す!まずは普通のPOPと、前回のブログでご紹介した「POPデコパーツ」をつくります。それぞれを別々にラミネートしてくださいね♪

 

IMG_6729

ラミネートの余った部分を帯状に切ったら、下の写真のように折り曲げましょう。だいたい10㎝くらいあれば十分です。

IMG_6738

両面テープで下の図のように貼り合わせましょう。これが立体の「土台」になりまーす!土台は低くて長い方が安定感があります。上の写真くらいの割合になるように折りましょうね。

IMG_6749

続いて、土台の両側に両面テープを貼ります。

IMG_6752

これを、POP本体とデコパーツに貼付けます。

IMG_6761

IMG_6764

完成★ 簡単に立体になります。ほんの一手間だけど、目立たせてくれるので、余裕のあるときにやってみてくださいね♪

ちなみにこちら、温泉旅館の古湯坊源泉舘さんのスタンプ台のPOPです!

IMG_6772

皆さんも、ぜひ温泉に入った後にペタッとやってみてくださいね〜♪

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


商業界を読まれた方から、「掲載されていたチラシをカラーで見たい!」というリクエストをいただいたので、特別にブログでじっくりご紹介しますね!さっ、まずはここからスタート!

 

IMG_5824

イキナリ書くと失敗するので、まずはラフを書きます。ここにはそんなに時間をかけず、何をどこに配置するか?どのくらいのスペースで収まるのか?を把握するために書きます。普段はもうちょっと雑です。

 

IMG_5791

 

ラフが完成したら、いよいよ本番スタート。私のことを知っている方ならお気付きかもしれませんが、普段はやらない「下書き」をしました。それだけ気合いが入っているということです♪

 

ラフで「あ、ここの部分はこうした方が面白いな!」と思うことがあれば、ラフを修正するのではなく本番で直接書き足していきます。下書きを終えたら、ペンでなぞります。バランスが悪い部分はこの時に修正しながら書いていきます。

 

IMG_5799
全部終わる頃には手が真っ黒!机も黒くなってしまったのでウエットシートで磨いておきました。

 

IMG_5801

 

次は下書きの鉛筆跡を消すのですが、ここで焦るとすべて台無しに。私にとって、この「待ち」が一番大変かもしれません。十分に乾いたら消しゴムで優しくそ〜っと消します。

 

で、次の写真では一気に完成(笑)
集中しすぎて経過写真撮るの忘れました。

 

源泉舘GW明け販促チラシ

 

こちらの販促物の詳しい解説や使い方は月刊商業界6月号の42頁をご覧くださいね。この他にもブログ(メルマガ)、SNSなどのサンプルが載っていて、楽しい内容になっています♪

 

最後にこのチラシに使った文房具の紹介です!
下書き:コクヨ鉛筆シャープ1.3mm
イラスト:プロッキー(細字)
文字:ぺんてるトラディオエナージェル
色塗り:コピック
汚れ落とし:シルコット除菌ウエットシート(笑)
コピックは下の黒い線が見えるように薄めの色を選ぶと、良い感じに塗れます!

 

矢印部分のグラデーションの塗り方ですが、以前アメブロの記事で詳しくご紹介しているので、チェックしてみてくださいね。
POPに生かそう!コピックの楽しい使い方

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


突然ですが、質問です!
スターバックスといえば、何色を思い浮かべますか?

 

1

スタバといえばをイメージする方が多いのでは?
それでは、コカコーラといえば、何色をイメージしますか?

 

2

 

コカコーラといえば
きっと多くの方がそう答えますよね。

 

次はちょっと難しいかも!
レンタルDVDのTSUTAYAといえば何色をイメージしますか?

 

3

 

!ロゴマークから、そう答えませんでしたか?

 

このように、私たちは知らず知らずのうちに「◯◯といえば、このお店」「△△といえば、この会社」と、共通のイメージを持っていますよね。会社やお店が常に同じ情報を発信し続けているからです。もし、コカコーラが半年毎に気分で色を変えていたら、赤いイメージは定着しません。

 

変わらないイメージは、安心・信頼に繋がります。もしも私のブログが気分によって言葉遣いが違ったり、イラストに統一感がなかったりしたら、不安になりますよね。伝える情報が日によってバラバラだったら、毎朝日課のようにブログを読んでもらえないでしょう。

 

色・文章・文字・音楽・写真・イラスト・香りなどなど、私たちは見えるものから感じるものまですべてを「情報」として捉えます。普段何気なく発信しているそれらの情報を、意識して発信していくこと、それから重要な部分は変えずに発信し続けていくことで、小さなお店でも「◯◯といえばこのお店」というイメージが出来上がるんです。
さいごに一つだけ質問です!あなたのお店は何色ですか?

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん