昔つくったチラシの内容がなかなか良かったから、同じものを印刷してまた出そうかな?なんてことありますよね〜。

 

でも、よくよく見たら、消費税が変わったから値段が違うし、もう使えないーーー!ショック!・・・なんてこともありますよね。。

ご安心ください!

このブログで度々登場する便利なiPadアプリ「アイビスペイント」なら、パパパのパーーッと修正できちゃうんです!

 

必要なもの

・スキャナ

・iPad(頑張ればiPhoneでもなんとかイケます)

・アイビスペイントのアプリ 無料版はコチラ(有料版買っても損なし!)

・タッチペン(純正のApple Pencilなら最高!)

 

さっそくスタート

まずは、修正したいチラシをスキャナで読み取ります。この時、できるだけ画質の良いjpgデータにしてiPadの写真フォルダーに入れます。もちろん、パソコンを経由しても大丈夫です 。設定方法わからない方は下のリンクを参考にどうぞ。

 

エプソンプリンタからiPadへ送る方法

キャノンプリンタからiPadへ送る方法

 

さて、iPadの写真フォルダの中にチラシが入ったら、まずは画像の色の調整をします。スキャンしたままのチラシは色味が悪いので。

 

写真アプリで「編集」→「調整(お日様みたいなマーク)」で、「ブリリアンス」「コントラスト」「明るさ」「ブラックポイント」「彩度」のあたりを調整するとキレイになります。

キレイになったら、アイビスペイントを開きます。

 

起動画面から「マイギャラリー」→「+」→「HDサイズ」をタップ。この時、もし縦長のチラシの場合は、iPadを縦向きにしないと、縦長サイズにはならないので注意!横長のチラシなら、iPadは横向きに。

下の図と同じ手順で「レイヤーボタン」→「カメラボタン」をタップ。

写真フォルダの中から、修正したいチラシを選びます。すると、画面いっぱいにチラシが開いてしまうので、親指と人差し指でサイズ調整しましょう。

緑のチェックボタンを押すと、「線画抽出」という文字が出てくるので、「キャンセル」を押します。「レイヤー」という項目が開いているので、枠外をタップして、レイヤー画面を閉じてください。

 

さて、まずはチラシの修正したい部分や、スキャン汚れを消していきましょう。最初に「スポイト」をタップしたら、背景(このチラシでは白い部分)をタップします。

次に「ブラシ」を選択して、消したい部分をなぞってみると・・・バッチリ消すことができましたねーー!ついでにポツポツとスキャンのときにできてしまった汚れも一緒に消してしまいましょう。

次はちょっとレベルが上がります。白い部分はラクちんだったんですが、今度はこのふきだしの中の文字を消したい場合。

手書き特有の「色ムラ」があるので、上の手順でスポイトとブラシで色を乗せても一色だけだとのっぺりしてしまうし、スポイト&ブラシを何度か繰り返しながら色を塗ってみてもマダラになってしまい不自然ですね。

ところが、このマダラからイイ感じにする方法が。ブラシを「ガッシュ(混色)」にします。ペンの太さは太めに設定してください。

まだらな上からなぞってみると、あら不思議!自然になりましたね!

これで修正したい部分を消すことができました。明日のブログでは、消した部分に書き込んできますよー!お楽しみに!


茶小泉さんのブログを見て、アイビスペイントでPOPづくりに奮闘されている様子が伝わってきました。

すごはんさんPOPを見習ってアイビスペイントで初POP

 

センスは生まれ持ったものではなく経験値!ということで、今回は、アイビスペイントで書くPOPをいい感じに見せるためのコツを紹介します!もちろん紙に書くPOPにもバッチリ使えるワザですよー!

 

さっそく、こちらのPOPを少しずつ変化させていきましょう!

まずはキャッチコピーにメリハリを。大きくする文字と小さくする文字をわけることで、パッと見でキーワードが目に入ってきて内容を素早く把握することができます。

次に、まっすぐだった写真を、すこし斜めにしてみました。こうするだけで、全体的に動きが出て楽しいイメージになりますね。

続いて、ふきだしや縦書きが混在してゴチャゴチャ感が出てしまっていたので、それをシンプルにして読みやすくしました。

後ほどでふきだしを入れたバージョンも紹介しますが、白いスペースに白いふきだしが収まってしまうと、ふきだしの良さが生かせずに、ちょっと微妙な感じが出てしまうんです。

 

商品名の位置や文字の太さを全体バランス見ながら整えました。それから、背景は粗め(大きめ)よりも、細かめにした方がいい感じになる場合が多いので調整。

青い斜線の背景の上に白い四角を入れていたのですが、これを半透明にするといい感じになりますね。(…説明が難しいので、上下の画像で見比べてみてください)

最後にキャッチコピーの下のラインを入れたら完成です!アンダーラインは文字などに使用したペンとは別素材のものを入れるといい感じに。「ガッシュ(混色)」もしくは「マーカー」がおすすめ。

さきほどお伝えした「ふきだし」ですが、このように、白の中に入れるのではなく、ちょっと飛び出して他の色にかかっていた方がいい感じに見えます。(説明下手くそですが伝わりましたか…!?)

というわけで、ちょっとした小ワザの集合体でいい感じに見せることができるんです!小ワザも使ってこそ覚えるもの!チャレンジしてみてくださーい!

 

基本の使い方はこちら!

【超初心者向け】iPadで手書きPOPを書いてみよう!(1)写真の入れ方&背景の消し方

【保存版!!】アイビスペイントで覚えておくと便利な機能「自動選択」を使ってみよう!

【ibis paint】既存のデザインをアイビスペイントでお手軽編集してみよう!


源泉舘さんの最新の4コマを紹介。今回は、みなさん心配しているこの話題です。

実際、源泉舘さんにきてくれているお客さんはみなさんパワフル!文章よりも4コマで伝えた方が、柔らかく伝わりますね!

 

過去の4コマはこんな感じ。

お客さんへの「お願いごと」ですが、こちらもまた4コマだとゆるく伝わります。文章にすると強制チックになってしまうことや、ほんわか伝えたいことなら4コマにするのがおすすめです!

 

ちなみにこの4コマは、いつものiPadアプリ「アイビスペイント」で描いています。アイビスペイントでPOPやご案内チラシなど作成しようと考えている方は、対応の純正タッチペン「Apple Pencil」を買うのが断然おすすめです!

文字など書きやすさが違うので、「もっと早く買えばよかったーー!」とならぬよう、投資だと思って導入してみてはいかがでしょう〜。

 

Apple Pencilは機種によって対応していないものもあるので、不安な方はネットで調べるか、今お使いのiPadを持ってでんき屋さんへ行ってみてくださいね〜!

 

自分のiPadの機種を調べる方法は「設定」→「一般」→「情報」で出てきまーす!