今日のブログでは、iPadの無料アプリ「ibis Paint X」を使ったPOPの書き方を紹介しますね〜。気合いでiPhoneでできないこともありませんが、やっぱり画面の大きなiPadが断然いいですね。

 

Apple Pencil対応のiPadなら、ペンシルがあった方が圧倒的に描きやすいのでゲットされることをおすすめします!!

 

まずは「ibis Paint X」をインストールしておいてくださいね。広告を消したい方や、私のようにibis Paintに感激して開発者さんにお礼をしたい方は、840円の有料版もありますのでぜひ〜。

 

アプリがインストールできたら、さっそく始めましょう。では、いつものiPadのカメラを起動して、商品や人物の写真を撮ります。

撮ったままの写真は暗くて魅力的ではないので、写真の明るさ調整をします。これは普通にいつものiPhotoの「明るさ」などで調整してください。 ⇒ 明るさ調整のやり方がわからない方はこちら

こんなに美しくなりました。商売をされていたら、この手間は絶対に惜しんではいけません!写真、大事です!

さあ、いよいよ「ibis Paint」のアプリを立ち上げて、「マイギャラリー」を押してください。

画面が開いたら、「+」マークを押して、HDサイズを選んでください。iPad本体を縦にしたままだと、縦長になります。横長にしたかったら、本体を横にして操作し直してくださいね。

下の画面が開くので、とりあえず真っ先に赤マークのところをタッチしてください。この動作はこの後飽きるほど出てくるので、ぜひお見知り置きくださいませませませ。

「レイヤー」という画面が開きます。レイヤーの説明は後ほどしますので、まずはカメラマークをポチッとしてください。

「すべての写真」をクリックして、掲載したい写真を選びましょう。

好きな写真を選んでタッチすると、ドドーーンと写真が入るので、お父さん指とお母さん指を使って、枠に収まるサイズに調整してください。

 

完了したら、全体画面の右下に開いているグレーの四角の枠の右上にある緑色のチェックマークをタッチすると確定します。

そうすると、なんだかよくわからない画面が出てくるので、見なかったことにして、そっとキャンセルを押してください。ここまで、ついて来れていますか〜?? 落ち着いて、説明通りに操作すれば大丈夫ですよ〜♪

無事、写真が画面に置かれましたね。背景を消して商品だけにしたいので、これから「消しゴム」を使います!全体画面左隅にある「消しゴム」マークを選んでください。次に消しゴムのサイズを調整します。

試しに適当にクルクルして練習してみてくださいね〜。

細かい部分は父指と母指で広げて拡大して作業すると消しやすいですよ〜。そうそう、間違えたりやり直したりしたいときは、全体画面一番下のグレーのバーの真ん中にある「戻るボタン」をタッチすれば大丈夫です。

無事背景が消せましたね!登山をして山頂に着いたようにテンションが上がりますね〜♪ でもまだココは一合目ですからね。笑

とりあえず、今日のところはここまでにしておきましょう。明日はもっとテンション上がることをしますので、それに備えていろんな写真の背景を消してみてくださいね〜。

 

あ、ちなみに保存をしたいときは、全体画面一番下のグレーのバーの一番右の「←」マークをタッチすればOKです。他のボタンの説明は以下の通り。何が何だかサッパリかもしれませんが、使っているうちに覚えるので安心してください。

次は、いよいよ写真に手書きの文字などを加えていきましょう!

iPadで手書きPOPを書いてみよう!(2)写真を動かす・文字を書く・レイヤーって何?


不老閣さんでは、日々女将さんが健康や美容に高いアンテナを張っています。面白いのが、自分たちが実験台となって、いろいろなことにチャレンジしていること。

 

私もこれまでいろんな女将厳選商品にハマってきました。笑

 

今回気になったのが、不老閣で大人気商品の「おっとうふ」という栄養価が高い豆乳に、ざくろ酢を加えたオリジナルヨーグルト。

白い豆乳にざくろ酢を加えてスプーンでくるくる混ぜると・・・

綺麗なピンク色に!サッパリと甘酸っぱくて食後のデザートにぴったりでした!

女将さんの行動力には毎回感心してしまうのですが、このざくろ酢の美味しさを知って、即仕入れ交渉をして不老閣での取り扱いが決定。商品入荷前にPOPを書くことにしました。

 

それぞれの写真をiPadで撮影。いつものアプリibis Paintを使いました。

こちらが完成図。「詳しい使い方教えて」というリクエストがあったので、明日のブログにでも紹介したいと思いま〜す。私も自己流の適当ですけどね…☆

完成したら社長のパソコンにデータを送って、プリンターで印刷してもらいました。ラミネートをして、裏に両面テープを付けて、完成!

作成中、いろんなお客さんが興味津々に覗き込んで、「随分前から、こういうPOPがつき始めてから楽しくなったわねぇ」「こうやって作っているのね!」と、声をかけてくれました♪

 

女将さんの想いがお客さんに伝わりますように☆


先日、地元中学校の後輩で、自分らしく綺麗になれるサロン「アイラシック」オーナーのゆりちゃんと久々にランチをしながら、iPadのお絵描きアプリを販促に活かそうの会をしました。

ゆりちゃんがiPadで描いたイラスト。可愛いですね〜!

 

試しにPOPづくりをしてみようと、デニーズで飲んでいたドリンクをその場で写真に撮って、

それをちょちょいのちょいと加工。

すると、こんな感じでPOPの出来上がり!(内容は適当です)

 

慣れれば1枚10分以内で作れるし、写真や文字の差し替えも早ので、コンビニ、スーパー、お花屋さんなど、商品の入れ替わりが激しいスピード勝負の販促物はデジタルと手書きを組み合わせた、タブレットPOPはかなり相性がいいと思います!

 

ちなみにこれは、お絵描きアプリの使い方の過程を説明する中で生まれた、なんとも味のある作品。笑

すでにゆりちゃんの頭の中では、iPadで描いたイラストを使ってアレをこうして〜、とワクワク計画が広がっているようでした♪

 

実家に帰って母にも教えてあげようと思って、テーブルの上のリモコンを写真に撮ってサンプルをつくってみたら・・

興味ゼロでした!笑