先日のブログ「恐怖のメリーさんに学ぶ販促術」でちょこっと書かせていただきましたが、看板キングこと興和サイン・高橋さんの名刺を制作させていただきました!

T

高橋さんは単なる看板屋さんではなく、「○○したくなる仕掛け」をつくり出す看板屋さんです。例えば、その看板の前に立ったら誰もがスマホで写真を撮って、SNSに投稿して、それを見た友達が反応したくなる看板を考えてくれるんです。

_96A8442私のブログは午前向きなので、昼間の歌舞伎町の写真を。
夜の様子はこちら

 

例えば、上の写真は歌舞伎町に新しく誕生した「I♡歌舞伎町」のサイン。高橋さんがプロデュースされたものなんですが、今ではここが撮影スポットの定番となって、街のランドマークになっています。

 

看板って、ただ名前を書いて外に掲げるものではなくて、「○○したくなる仕掛け」を仕込んでおかなくちゃ意味がないんですよね。もちろん、これは販促物すべてに言えることです。

 

そんな高橋さんの名刺だから、初対面の方でも「おもしろいアイデアを持っていそうな人だな」とか「集客のことを考えた看板をつくってくれそうな人だな」と期待が膨らむものにしたいな、と考えました。

 

そこで、名刺自体に「○○したくなる仕掛け」を作ったんです。

IMG_8595

こんな感じで名刺に丸い穴を開けて、そこから覗くと相手がマッチョになったり、セクシー水着になったりするんです♪

 

さっそくこの名刺で遊んでいただいた様子が、高橋さんのブログで紹介されていますので、ぜひ見てみてくださいね。⇒ 高橋さんのブログを見る

 

ちなみに名刺のイラスト&デザインはオエムシさんにご協力いただきました!オエムシさんは、サエないキャラがマドンナ的存在のキャラに毎日告白して、フラれてもめげずに翌日また告白をするという超前向きな1コマ漫画ブログを書いていて、これがまたおもしろいので必見! ⇒ 毎日告白のブログを見る

 

そんなこんなで、この名刺一枚には高橋さんらしさ、得意分野を知ってもらえる情報、これまでの実績などが詰まっています。あなたの名刺にはどんな想いや意味が込められていますか。

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


店長にPOPを書くように言われたけど・・・
何を書いていいのかわからなーーーい!

うーん

そんな時は、商品を使ったお役立ち情報を書いてみましょう!例えばスーパーのPOPだったら、こんな感じ!

思わず「へぇ〜」と言ってしまうような、一言ネタを書いてみましょう!

POP1

塩を使った生活の知恵!これは試したくなりますよね♪

スクリーンショット 2015-07-24 19.28.36

以前、スーパーやまとさんで販促の効果測定をしたのですが、こちらのオリーブオイルは売上げが135%アップ!

スクリーンショット 2015-07-24 19.29.11

「お父さんの機嫌を良く」するという面白い視点でのお役立ちネタを披露したkiriチーズは、2倍も売れました!

スクリーンショット 2015-07-24 19.29.01

こちらの甘酒は288%アップ!

 

どれもスタッフさんが10分以内で書いたPOPです。10分あれば2.8倍も商品をたくさん買ってもらうことができるんです!やらない理由はないですよね♪ さぁさぁ、今すぐ行動しましょう!

 


近くを通りかかったので、以前POPのお手伝いをした、石和の老舗旅館・糸柳さんに行ってみると、あのとき(2013年のクリスマス)に書いたPOPたちが現役で活躍していました!

POPあのときのビフォーアフター( ⇒ 詳しくはこちら

 

「よく売れるようになったし、売り場が明るくなった」とレジ係の女性。お客さまと会話が弾むようになったそうです。

IMG_7706

確かに売り場の雰囲気が変わりました!POP導入当初、スタッフの間では「高級感が損なわれてしまうのでは?」という不安の声も聞こえましたが、実際にやってみたら、その効果やお客さまの反応などが良く、少しずつPOPを増やしているのだそうです。

 

ちなみに、もし高級感を出したければ、和紙や筆ペンを使うなど方法はくらでもあります。まずはやってみることが大切ですね♪

IMG_7705

あるブログ読者さんが、「某通信講座でPOPを学ぼうとしたら、赤ペンがビッシリでやる気がダウンしちゃった」と言っていましたが、自分のお店のこと、いつも来てくれるお客さまのことは、赤ペン先生よりあなたの方が詳しいんです。

 

だから、どんどん現場で実践した方が、お客さまが喜ぶコツや、売れるキャッチコピー、効果の出るPOP・出ないPOPの違いなど、様々なものが早く身につきます!POPを貼る前段階で、あなたのやる気にまで赤ペンが入ってしまったら、意味がありません。笑

P1019542

このブログに書いてあることをそのまま実践して、「売れた!」「仕事が楽しくなった!」とメッセージをくださる方がとっても多いんです!どんどん真似してください。そのために書いているブログですから!

 

それに、POPの文字だって、ドラッグストアなどでよく見る字体よりも、あなたらしさが伝わるものの方がずっと魅力的。誰の文字かわからないPOPではなく、あなたの顔が見えるPOPは、お客さまから「あなたが紹介してくれたなら間違いないわね!」と言われる関係性だって築けます。

手書きPOPなんて結局センスでしょ?という方へ

 

 

ちょいとここで、下の写真にご注目ください。

P5173164

IMG_7649

2枚は同じスーパーやまとさんのお惣菜コーナーのPOPですが、上は小淵沢店の秋山さんのもので、下は竜王店の五味さんが書いたもの。

 

秋山さんはいつもかわいい色づかいで、話しかけるような優しいPOPを書きます。五味さんは筆ペンが得意で、元気な色使いや折り紙などを使った工夫が目を惹きます。二人が見分けがつかないようなPOPを書いていたらつまらないし、親しみを感じることもないですよね。このように個性が出せることが、手書きPOPの良いところなんです。

 

大丈夫!命を取られるわけではないんだから、どんどん実践して、どんどん失敗して、どんどん改善して、どんどん成功すればいいんです!私もそうやってきたし、今でもそうしています♪だから、楽しみながら、頑張ってくださいね☆

 

もしPOPづくりのヒントが欲しい方は、私の本『売れる!楽しい!「手書きPOP」のつくり方』をチェックしてみてくださいね〜。