2年ぶりに大型展示会を散策してきました。

各社がPRする最新技術・サービスも興味深いのですが、どのような打ち出し方をしているか?という点でもおもしろい気づきが多いんです。

 

各ブースで担当さんがパンフレットを差し出しながら、精力的に呼び込みをしている会場内。目移りするほど情報が溢れる中で、足を止めるか止めないかの違いってどこにあるんだろう?そんなことを考えながら会場を散策していました。

 

ということで、各社撮影OKいただいたので、さっそくご紹介していきまーす!

 

単純な話ですが「これ見たことがある!知っている!」そんな会社やサービスは足を止めてもらいやすいですね。

うちの姪っ子・甥っ子が私のiPadを奪って真っ先に遊ぶアプリがこの「ごっこランド」なので、思わず駆け寄ってしまいました。

 

余談ですが、この知育アプリって子どもや保護者に業界のブランドやイメージを刷り込む、すごい仕組みですよ。よかったら大人でもスマホにアプリをインストールしてみてみてください。

 

さてさて、会社やサービスにそれなりの知名度がなければ「あ、これ知ってる〜!」と近寄ってもらうことは難しいので、他の会社さんのブースの工夫を見てみましょう!

 

例えば、こちらのブースのように、パッと見で「オリジナルの手袋が作れるんだ」とわかりやすいものは、目や足を止めやすいですよね。

「ノベルティつくれます」と漠然と伝えるよりも、アイテムが絞られている方がインパクトもあるし、足を止めやすいなと感じました。

 

前回も目につきましたが、ガチャガチャを活用しているブース、結構多いですよね。

ただパンフレットを配るのではなく、中にはお菓子を入れたり、こんなおもちゃを配っている会社も。

ちなみに、この会社さんに「このおもちゃを作っているんですか?」と聞いたら、「全然関係ないけど、興味を持ってもらえるかなーと思って…笑」とのことで、思わず一緒に笑ってしまいました。

 

数あるブースの中で、自社に視線を向けてもらったり、興味を持って立ち止まったり、私のように会話をするきっかけづくりにはいいと思うので、コストをかけるからには「次のシナリオ」が必要ですね。

 

というのも、会社と全然関係のないもので興味を引くということは、「商品やサービスにはまったく興味がない状態だけど、ひとまず立ち止まってもらった」ということになります。

 

その状態の人にちゃんと商品やサービスの情報を受け取ってもらうには、せいぜい「話し始めの10秒で心を掴む」必要があります。

 

だから足を止めてもらうためのアイテムに全力注ぐのではなく、足を止めた直後の10秒間のアプローチ方法を考えることこそ大切なのではないでしょうか。これこそ社内ロープレを繰り返し行なって、話を聴きたいと思わせるお声がけの練習をたくさんした方がいいですね。

 

同様に、お菓子などわかりやすい「おまけ」をつけることで、パンフレットを持って行ってもらう作戦をしているブースが多かったのですが、これもパンフレットに興味ゼロの状態の人が思わず読みたくなるようなキャッチコピーを、表紙の目立つ場所に入れるなどの工夫をした方がいいですよね。

 

システムを提供している企業によくあるパターンですが、「顧客のニーズに迅速にアプローチ」とか「□□クラウドで〇〇ソリューションを・・」などカッコよくまとめたキャッチコピーって、イメージしづらいしよくわかりません。

 

なので、わかりやすい言葉に置き換えて興味を引いた方がいいですね。私が実際に足を止めて、興味を持って話をじっくり聴いたブースがこちらです!

まだ商品のことを知らないのに、なんとなく「LINEを使った超簡単なECなんだな」とイメージがわく秀逸なキャッチコピーだと思いませんか!?

「私のおばあちゃんでも買えるECがあるんだって」このキャッチコピーに興味が湧いて、どんな簡単なECサービスなんだろう?と見てみたくなりました。

 

私がこのボードを見上げながら立ち止まると、担当さんがすぐに話かけてくれて、「30秒いただければ、どんな仕組みかご覧いただけます!」と真っ先に所用時間を教えてくれたんです。

 

本当に30秒程度でLINEでお買い物ができる仕組みを見せてもらい、これはわかりやすいなーと感心。所要時間を伝えるのは、安心して話を聴いてもらうためのテクニックであり、親切でもあります!

 

「このキャッチコピー、すごくいいですね!」と伝えると、私のすぐ隣で接客中の若いスタッフさんが、300個ほどキャッチコピー案を出した中の一つなのだとか!

 

やはり、しっかりとシナリオ立てて考えているんだなー、ということが伝わってきました。ここのブースは一際お客さんが集まっていましたよ。

 

出展するだけでもものすごい費用、人員、時間がかかりますからね!最大限効果的にするためにもぜひ「販促シナリオ」を考えてみてください!


先月、販促のお手伝いをさせていただいた山長さん。

必見!お金と時間をかけずにチャレンジ!居酒屋さんの入り口販促

 

その後「こんな販促やってみたよ!」と度々ご連絡をいただいていて、その度に進化しているお店の販促を見て、嬉しい気持ちでいっぱいになっていました♪

 

GWの帰省中にお店の近くまで来ていたので、お店の前を車で通ってみたら、入り口の看板がさらにパワーアップしていました!

山長さんでは、自然たまご「ぐったま」をはじめとして、こだわりの食材を使っているんですが、入り口でしっかりとPRしていて素晴らしいですね!

 

そして、激変していたのが、入り口の隣に生えていた、ワサワサな大きな木!

めちゃくちゃスッキリしていました!GWに合わせて諏訪商工会議所の中沢さんがカットしてくれたそうです!中沢さんは本当に会員さん想いだなぁ。

 

下の写真は先月のものですが、これも中沢さんがだいぶ綺麗に切った後の状態なんです↓  それが今回さらにさっぱり綺麗になっていました!!

いや〜見違えましたね!一段と入りやすい入り口になって、これから夏の花火に向けてますます賑わう観光シーズンが楽しみです!

 

こんな短期間でどんどん進化していくお店の販促に、今後も目が離せません♪ 近々また販促のお手伝いに伺うので、楽しみです!

 


昨日は、長野県諏訪市の和風居酒屋 山長さんへ。

 

諏訪湖のほとりの観光地のど真ん中にある居酒屋さんなので、観光のお客さま( ≒ 新規のお客さま)の来店に繋がる入り口づくりをすることに!

 

まずはビフォー。立派なメニューが額縁に入れられています。

実際のお客さまの行動ですが、立ち止まってボードを見てくれるものの、来店に結びつかないこともしばしば。

 

それより何より一番の問題は、開店当初からのボードなので値段やメニューなどに変更があっても更新されていないことです。

これではせっかく入り口ボードから来店に結びついても、ミスマッチが起こってしまってはリピートに繋がりづらくなってしまいます。

 

そこで、お金をかけず、わずか4時間以内で「お店に入りたくなる入り口づくり」をすることに!

 

まずは現状を撮影して、上からイメージを描きながら打ち合わせ。iPad × アイビスペイントはこういう時にもめちゃくちゃ便利です!

お店のみかさんと手分けをしてiPadを使ってメニュー作成タイム!

作成したメニューは、隣にあるローソンのプリンターで即印刷!ラミネートしたら完成〜!! コチラがアフターです!

これ、かなり目立っていい感じです!すんごく明るく元気なイメージになりました!

道ゆく人にも興味を持ってもらえるようにブラックボードを設置!

みんなで道路の向こう側に渡って、お店の入り口を見ていたら、たまたまお店の前を通りかかったおじちゃんが看板を二度見してめちゃくちゃ気にしているご様子でした!さっそく効果あり♪

 

この他にも、玄関先を大掃除して不要なものを処分したり、お店の入り口の一部を隠していた木の枝をカットしたり、諏訪商工会議所の中沢さんが特技を発揮してサポートしてくれました!

いや〜、本当に見違えました!スッキリ綺麗になり、しっかりと魅力を伝えられ、入りたくなる入り口になりました!

みんなで力を合わせたからこそ、4時間弱でここまで大変身することができました!来月はお客さまの反応を伺います!楽しみだなぁ〜。