ブログ読者で実はご近所の、みそ工房の郷さんの手書きチラシを制作しました。

みそ工房の郷

まずは色々とインタビューさせていただき、ポイントとなるものをまとめて、チラシの材料を揃えます。

 

IMG_7660

特に情報量が多い手書きチラシは、ぶっつけ本番で書くと失敗する可能性大なので、ザッとラフを書いて、文量や配置を確認します。

 

IMG_7661

書きながらバランスもチェックします。例えば、上の部分。左から右に向かって文章を流してみたんですが・・・その下の商品紹介も同様の文字の流れ。うーーん、メリハリが無くて、これじゃダメだ!

 

IMG_7659

ってことで、本番で修正。こんな感じで、3つのボックスに分けて書くだけで全然違います!

 

IMG_7657

左から右へ単調に流れる文字は、グダグダで読みづらいのですが、こうやって変化をつけると読みやすくなります。全部書けたところで、色付けをしていきます!

 

IMG_7662

こうやって、ボックスにフチを付けると、さらに見やすくなりますね!初心者さんは淡い色を使うと失敗しづらいのでおすすめ♪

 

IMG_7665

ふぅ〜、完成しました!ちなみにここで使っている色はすべて淡い色・薄い色のコピックです。チラシはこちらをご覧ください!下の画像をクリックすると拡大して見ることができますよ★

 

misomiso

もし、このチラシを見て、みそ工房の郷さんのお味噌が食べたくなったって方は、コチラをご覧ください♪

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


POPに何を書いていいのか困ったら、お客さまから言われた言葉を書いてみましょう!

11349891_769762473122866_1512332066_n

こちらのPOPを書いているのは、埼玉県 フルーツ美沙和のたなべたかおさん。人材育成を通じてお店を繁盛させる、「商売繁盛プランナー」という肩書きも持っている方です。⇒ たなべさんのブログ

 

11425646_769762713122842_1725473178_n

以前、POPセミナーにご参加いただいたんですが、気づきを実践に繋げて、日々腕にピカッと磨きをかけているそうです。

 

11414375_769762266456220_56307326_n

POPは誰にでも書けること、POPがあれば高くても買ってもらえること、たなべさん自身が体験したPOPの力を、自分のものだけにせず、まわりのお店にも伝えたい!という熱い想いで、この度、埼玉県川口市でPOPセミナーを開催することに!それがこちらです!

kawaguchi

詳しくは下記をチェックしてみてくださいね!
・Facebookを使っている方はこちら ⇒ FBイベントページ
・セミナー詳細チラシはこちら ⇒ チラシを表示

 

11429634_769762459789534_546585272_n

思わず手を伸ばしたくなるPOPたち。イラストを描いたり、マスキングテープを使ったり、目を惹きますね☆

 

11303698_769762239789556_1057818118_n

ちなみに、POPセミナーは実践タイムがあったり、途中にゲームもあるので、堅苦しいセミナーが苦手という方でも楽しみながら気づきが得られます!お店で何人かで参加されても、もちろんお一人で参加されても楽しめますよ♪

 

11350347_769762689789511_140316987_n

POPが苦手!私にはセンスがない!POPを書いても売れない!そんな方、この3時間で解決しちゃいましょう〜!

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


ちょいと前の話。電車の中吊り広告を見ていると、こんな文字に目がいきました。

 

「みんなが鬼買いしてる “安カワ♡高見え”服」

 

雑誌CanCam7月号のタイトルです。このタイトルの意味を当たり前のように受け入れている自分がいますが、冷静になって見ると、「鬼買い」「安カワ」「高見え」と、ほとんどが略語でできた、おもしろいタイトルですね。

cancam

日本語俗語辞書というWebサイトを参考にしつつ訳してみると、「みんなが鬼のように(狂ったように)買っている、安くてかわいい♡高く見える服」になります。

これでは長すぎるし、リズムが悪いので読みづらくなりますね。(ある意味、おもしろいですが)

 

雑誌のタイトルは、瞬時に「この一冊でどんな情報が得られるか?」を伝えて、興味を持ってもらうことが重要なので、このように伝わる略語を織り交ぜたタイトルがつけられるんです。この方法は、ブログタイトルや販促物の見出しなどにも使えます。

 

雑誌(特にファッション誌)の表紙には、短くても伝わる言葉がたくさん詰まっています。本屋さんに行って、ズラリと並ぶ雑誌の表紙を見ながら、なるほど〜な略語や、言葉のリズムに触れてみてはいかがでしょうか。

cancam (1)

ところで、表紙下の真ん中の「色ち買い」って言葉もおもしろ〜い!「色違いで買うこと」なんですが、わかりやすいですね。

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん