POPはラブレター。「私と付き合ってくれたら、私をお嫁にもらってくれたら、あなたはこんなに幸せな生活が送れるのよ♡」を伝えるものです。

ラブレター

せっかくPOPを書いても「こんな下手なPOPじゃ恥ずかしい」となかなか売り場に出せない方がいます。文字が下手だからって、見た目が多少おかしいからって、そこに込めた想いが伝わらないのでしょうか?

 

そんなことはありません!

 

「この人、絶対文字書くのは得意じゃないだろうな」って人が、一生懸命想いを込めて書いたラブレターなら、ちゃんと伝わりますよね。綺麗な販促物をつくることが目的なら、パソコンに任せておけばいいんです。でも、それじゃ伝わらないから、手書きで伝えるんです!

 

心配しなくても、続けていけば上達しますよ。2011年に私が書いたPOPはこれです。

源泉舘POP初期

えっと・・下手ですよね(笑)今では「文字は黒一色にしましょう!」と言っているのに、この時は3色も使っています。

 

下手だけど売り場に出せば、お客さんが反応してくれるんです!だってラブレターだもん!「もっと伝えたい!もっと伝えたい!」って想いがあるから、日々少しずつ進化していくんです。

 

4年後の2015年には、こんなPOPが書けるようになりました。

源泉舘POP最近IMG_8878IMG_8891

文字もイラストも、別人が書いたみたいでしょ?源泉舘の女将さんのイラストもここまで可愛くなりました(笑)

名称未設定

で、「このペンを使うと上手に書けるんだ!」とか、「ペンの持ち方を変えるだけで文字が書きやすくなるんだ!」とか、「文字は黒一色だけの方が読みやすいな」とか、何年も改善し続けて今のカタチになってきているんです。

 

だから、私のPOPはこれからもどんどん進化していきますよ〜!

 

私の6年間分のノウハウは、全〜部この一冊に詰め込んであるから、どんどん真似して、楽しんでくださいね♡

ときわ書房本店 手書きPOP

おかげさまで早くも3刷りになりました♡

 

てなわけで、大丈夫、大丈夫!心配しなくても大丈夫〜!それがお客さまのためを想いながら書いた言葉なら、あなたの想いはちゃ〜んと伝わりますよ!

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


告白します!!!!!

北海道出張の4泊5日、ブログをまともな状態で書けた日は1日もありませんでした!

ウトウトまっす〜

毎日、ホテルに到着すると、即お風呂に入って、ノートパソコンを開いて、ブログ更新画面を立ち上げます。写真を取り込んだりしているうちに、ウトウトしてきて、もう自分が何の文字を書いているのかわからない状態。何度自分の頬をひっぱたいたことか・・(笑)

 

それで2時間くらい夢とブログの狭間を彷徨って、ようやく更新。翌朝ブログをチェックして、「ふう〜、何とか書けている」と一安心する。という日が11月3日のブログから5日間続きました(汗)

 

でも、絶対に「やらない」という選択肢はありません。どんなに具合が悪くても、睡眠時間が無くても、その状態に陥っているのは「自分の責任」だと考えるからです。

 

ネタが浮かばないのは、ネタを探しておかなかった自分の責任。

時間が足りないのは、スケジュール調整が不十分だった自分の責任。

体調が悪いのは、体調管理を怠った自分の責任。

風邪まっす〜

「◯◯だから、仕方ないよね」こうやって、自分を納得させていたら成長なんてありません。ネタ探しを怠ってネタが浮かばなくても、反省しないから言い訳を繰り返す人になってしまうんです。

 

「ブログが続かない」という方へ。

 

「やらない」選択肢はない!

この「覚悟」がなかったら、ブログなんて始めない方がいいです。絶対に続けられないから。

 

「ブログ始めました」って言って、みんなに「頑張ってね」って応援されて、クリックしてもらって、読者登録してもらったのに、来る日も来る日もブログが更新されない。数ヶ月後「あれ?そういえばあのブログどうなったの?」ってことになったら、信用されなくなってしまいます。

 

うまく書けない日があったら、うまく書ける日に挽回すれば大丈夫です。

パソコン

「◯◯のプロとして、相手が笑顔になる情報を毎日発信していく」たったこれだけのことで、2年後、3年後、4年後、ものすごい幸せな未来になっていくんですよ♪

たのしごと進化論

「やらない」って選択肢を用意しないだけ。簡単なことです☆

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


うちはパン屋です。うちは本屋です。うちは靴屋です。

3人の女性

自分から枠にハマりにいく必要はありません。枠に収まってしまえば、枠の外に出ることが難しくなります。

 

北海道倶知安町にある「お菓子のふじい」さんは、〝お菓子屋さん〟の枠の外にあるお店です。

 

店内にはお菓子やケーキが並んでいるだけではなく、オリジナルキャラクターが世界中を旅した写真集や、オリジナルグッズのガチャガチャ、最近では「ふじい新聞」までスタートしました!

12118900_1051863534825457_756230536050993472_n このクオリティがとてつもない! 

 

もし、ふじいさんが、お菓子屋さんの枠にハマっていたら、「無理無理!だって、そんなの普通のお菓子屋さんはやらないじゃん」の一言で、枠の外に出ることを恐れて、今の楽しいお店とは別物になっていたことでしょう。

 

完全に枠の外にいるから、「おもしろい!やってみよう!」と、閃きから行動までのスピードが異常なほど速いんです!

 

どうして、ふじいさんが枠に囚われていないかというと、「使命」を持っているからです。下のイラストは藤井千晶さん自ら描いたもので、私が大好きな使命です!

ふじいの理念

使命は「◯◯屋さん」の枠からはみ出す勇気を与え、ブレない軸にもなるので、枠の外でアレもコレもと手を出して「あのお店、結局何がしたいんだろう…」状態になることがありません。

 

使命を持っているお店は、行き当たりバッタリなお店や、悪い意味で変化しないお店より、ずっと魅力的でファンをつくります。

 

あなたは「◯◯屋さん」の枠にズッポリとハマっていませんか? 使命を持っていますか?上手じゃなくてもいいから、どんなお店になりたいのか、描いてみましょう!

 

今日のブログが「たのしごと」のキッカケになりますように!応援ポチッとしてくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ〜★ハロウィンランキングバナー