実は、数日前から北海道に来ていました!

IMG_7499

初日は、夜のすすきのを満喫しました♪ 誤算は、初日からジンギスカンに行って、ジャケットがジンギスカン臭むんむんになったこと(涙)

1

昨日は、札幌から電車で小樽へ移動して、前々から行きたかった「おたる政寿司本店さん」へっ!

IMG_7543運河を撮影する友人を撮影する私

 

昨年、雑誌・商業界の表紙制作をお手伝いさせていただいた時にご縁をいただき、それ以来ずっと三代目の中村さんにお会いしたい!美味しいお寿司が食べたい!と考えていました。

61T0crZV+wL._SX350_BO1,204,203,200_

左から3番目が中村さん

 

小樽の街並みを楽しみながら歩いていると、すぐにお店がわかりました。だって、こんなに楽しいボードが店頭に立っているんだから!

IMG_7557

普通、知らないお寿司屋さんに入る時って、不安になりますよね。眉間にシワを寄せた職人さんだったらどうしよう……とか、敷居が高いお店なんじゃないかなって。

 

でも、こんな和やかなお顔のご主人のボードがあったら、安心して入ることができます。何とも嬉しい心遣い!

 

案内していただいたカウンター席に座ると、お隣にいらっしゃったのが、なんと帯広で開催するセミナーにスタッフさんが毎回参加してくださっている「カネマツさん」の松本社長〜!

11032321_965028693604492_8502131617494251162_n

政寿司さんのお店では写真撮影歓迎なんですが、超面白い撮影用のこのフレームがどこからともなく登場して笑っちゃいました!

 

お店で写真を撮るのを躊躇する方も多いと思いますが、こういう案内があると、「撮影OKなんだ!写真をSNSでアップしよう!」と行動しやすくなりますよね♪

IMG_7569

販促の素晴らしさに感動しつつ、お寿司の味にもやられました!

IMG_7560

嬉しいのが、握りを出すときの中村さんの一言。「〇〇産の□□□です」ではなくて、「つい先ほど、獲れたばかりの◯◯です」とか、グイグイ商品価値を上げる言葉があるんです。

IMG_7559

美味しいお寿司を食べられた上、とっても素敵な販促も体験させていただき、大満足!

IMG_7570

中村さん、松本さん、お連れの方、楽しい時間をありがとうございました!また伺います!

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


書けたどーーー!
もう私の辞書には「チラ見せ」って言葉がないくらい、全力で書きました。

焦る人

発売日はまだ先ですが、1月号の商業界の特集ページは、文字数かなりオーバーしちゃったからカットされるかも知れませんが、あんなことこんなこと、販促の新ネタがいろいろ載っています!

 

今回は執筆する時間的余裕がなかったから、〆切を延ばしていただこうとお願いしたら、意外にも1日しか延びず・・(笑)間に合うかどうかヒヤヒヤしましたが、何とかなりました。ふぅ〜。

 

さて、本日はラクーンさんで名刺づくりセミナーなので、ちょこっと名刺について書きます。

IMG_2575

名刺を「連絡先交換ツール」とか「名前覚えてねツール」に使っていたら、めちゃくちゃもったいないです。名刺を最強の販促ツールにするためには、まずは名刺に「目的」をつくりましょう。

 

「◯◯といったらあの人だ」となるくらい強烈な印象を残すぞ!とか、私がどんな想いで起業したのか知ってもらうぞ!とか。

IMG_2574

目的を持つことで、「その目的を達成できたか・できないか」が見えるようになります。それが見えるようになると、次の名刺を印刷するときまでには改善点がいくつか見えてきます。

 

目的を持たなければ、良いのか悪いのかの基準もないので、長年ずーっと同じ名刺を再印刷し続けます。

IMG_2553

ちょいと名刺を取り出してみましょう。あなたの名刺には「目的」はありますか?

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


お客さんが来ない。ここって、立地が悪いんじゃないかなぁ・・。

困る人レベル2

ちょっと待ってください!もしかしたらあなたのお店は「入りづらい」のかもしれませんよ〜。

 

入ったからには何か買わないと気まずいなぁ。

価格帯がわからないから入りづらい。

高級感漂っているし、敷居が高そうだ。

スタッフはどんな人だろう。

そもそも何屋さんだろう。

 

誰でも初めて入るお店は緊張します。気になるけど、入りづらいんです。そこで、こんなPOPを付けてみましょう!

IMG_5621

手書きで「お気軽に入ってね」という言葉があるだけで、敷居はだいぶ下がります。お客さんに触れるお仕事の美容室やサロンは、顔写真を出しておくのも効果的です。

 

それから、以前POPセミナーに参加してくださった、愛媛県松山市の「珈琲舎 時計台」のちかさんは、喫茶店の中に雑貨販売コーナーもあります。「雑貨だけ見たい」というお客さんでも気軽に入れるように、入り口にこんな工夫をしました。

スクリーンショット 2015-10-26 22.16.56

これは親切ですね!どんな商品を扱っているのか伝えているイラストも、とってもわかりやすい!さっそくのPOPを見て、お客さんがお店に入ってくれたそうですよ〜!

 

歯医者さん、エステサロン、美容室、旅館、カフェなどなど、「商品を見るだけでもご来店OK」のボードやPOPを入り口に設置しましょう!

 

お店側は「自由に入っていいなんて当たり前でしょ?」と思うかもしれませんが、お客さんからしたら全然当たり前ではありません。伝えましょうね。

 

今日のブログが「たのしごと」のキッカケになりますように!応援ポチッとしてくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ〜★ハロウィンランキングバナー