実は「超」がつくほど写真が苦手な私は、プロフィール写真も長いこと使い回し。笑

 

そろそろ変えないと「いつの写真だよ!」って感じになってしまうので、名刺やら各種セミナーチラシなどに使うための写真を撮ることに。

そんなこんなで、お恥ずかしながらド素人私が駆使している、プロフィール写真をできる限りいい感じに撮るためのコツを紹介します。

 

1.午前中、レースカーテン越しの優しい自然光

蛍光灯の下で写真を撮ると顔に影ができたり、肌の色も微妙になってしまうので、白いレースカーテン越しに自然光で明るくなった部屋で撮るといいですよ〜。

 

角度によって結構変わるので、クルクルまわりながらテスト撮影を繰り返して、ベストポジションを探しましょう。

 

2.白い壁に囲まれている場所

レフ板効果で肌を明るく見せてくれます。白い壁とくらい壁で撮り比べてみました。あれ?カメラの自動調整昨日で暗い壁の方が明るくなった様な。。笑

背景がごちゃごちゃしているのも、自撮り感満載なので、真っ白な空間がおすすめです。ちなみに、私が今回プロフィール写真を撮ろうと思ったのは、宿泊先のホテルの洗面台の前が真っ白な空間だったから。笑

3.タイマーセット

片手を伸ばした自撮り丸出しポーズでは台無しなので、どこかに固定しておいて、タイマー機能を使いましょう!Apple Watchを持っている人は、シャッターをApple Watchで操作するのもおすすめ!

4.100枚くらい撮るつもりで!笑

10枚撮ってどれも微妙な表情だって諦めちゃダメ!20枚、30枚、それがダメなら50枚!とにかく、一人なら気まずさも恥ずかしさもありません!納得がいくまで諦めずに撮影し続けましょう!

 

髪型も耳を出す・出さないだけでもだいぶイメージが変わるので、「どう見せたいか?」を意識しながら、何度も撮り直しましょう。私は耳を出さないとなんだか暗っぽいので両耳出すことにしました。

5.別人にならない程度に加工しちゃえ!笑

親切な誰かが築き上げてくれた技術は、有り難く活用しましょう。Beauty Plus、SNOW、Foodieなどなど、いろんなアプリがあります。

ただし、加工が過ぎると会った時の相手の反応が恐いので、美肌にするくらいにしておくといいですよ〜。笑

 

今回は名刺に使いたかった2パターンのポーズで撮影完了!背景に写り込んだ扉の線などは、後でデザイナーさんにお任せします!


この前の出張の際、つくば駅前でこんな可愛いポストがあって、思わずパシャリ!

なんだかこのポストに投函したら、相手にいいことが起こりそう!懸賞とかも当たりそう!笑

 

そして、さらにその前の大阪出張のとき、これまた珍しいポストを発見!

なんだかレトロで、これまた可愛らしい!結構な雨でしたが、構わず撮影しちゃいました。

 

街中で、お店で、「あ!これいいな!」「へ〜珍しい!」って思うこと、よくありますよね。私はそういう時は、できる限り写真に収めるようにしています。時には車でUターンしてまで撮影することも。

身の回りには、いろんな刺激が常に溢れているので、せっかくの気づきも一瞬のうちに忘れてしまいます。

 

海外旅行に行ったとき「あ!」と驚く景色に出逢えば、このチャンスを逃したら二度とないと考えて撮影する人が多いはず!

 

街中の気づきも同様に、逃したら二度目の気づきはありません!だから、写真に残して、気づきを蓄積していきましょうね〜!残しておけば、いつか活かすことだってできますから!

 

そんなこんなで、突然ですが、ここでクイズ!次のポストはどこにあるでしょう〜?

答えはスクロールした最後にあります♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆クイズの答え☆

桃太郎 → 岡山駅

郵太郎 → 金沢駅

ラクダ → 鳥取駅


全問正解できましたでしょうか〜!?


「まっすーは、販促知識を身につけるために普段どんな勉強をしているの?」と質問されたんですが、特別な勉強は特にしていません。

 

やっていることといえば、お買い物の最中に「コレ、面白いな」とか「これは買っちゃうわぁ〜!」ってものをとにかく写真に残すようにしています。

例えば、フライパンのこのパッケージ、面白くないですか? お客さんに語りかけているので、フライパンまったく買う気がないのに、思わず持ってみちゃいました。

 

あと、夏のスーパーでは「イカ」が、こんな売り方をされていました。

パックに入れたら普通のイカですが、こんな風に売られていたら、BBQ気分が高まりますよね〜!

 

うどん県のWi-Fiも面白かったので、思わずパシャり!普通のものがちょっと違うと面白い!

かなり前だけど、この本の売り方も超面白かった!「バースデー文庫・あなたと同じ日に生まれた著名人の本」という企画。

思わず自分の誕生日の本を探しちゃいましたよ〜!怖そうだったので買わなかったけど!笑

同じ本屋さんにこんなコーナーもありました。

処方箋的な感じで、本を提案しています。

処方箋の袋に本が入っているのも可愛らしくて好きだな〜。ほんと、いろいろ面白いこと考えますね〜。

こんな感じで、私は日々面白いものがあると忘れないように写真に残します。そうすると、記憶に残るので、それが様々な販促ヒントになって、後々繋がってくるんです。

意識を向けなければ、面白いものがあっても何も感じないし、いざ自分で販促しようと思っても何も浮かびません。

 

日々のお買い物やお出かけの最中に意識を向けて、写真を撮るだけなら簡単ですよね!ぜひ今日からやってみてくださいね〜♪