ちょこっと背景のディスプレイを変えてみました!また出張に連れて行ける日を心待ちにして、愛しのグローブトロッターちゃんをインテリアに。

宝箱から本が飛び出すイメージで!

 

さてさて、先日友達とメッセンジャーで「自撮りはどのアプリを使う?」という話題に。ちなみに友達は「LINEカメラ」、私は食べ物を美味しそうに撮るアプリ「Foodie」を愛用。

 

なにやら彼女のブログでプレッシャーをかけられた(笑)ので、自撮りに向いているアプリはどれなのか、試してみました。

 

まずはiPhoneカメラのノーマルモード。いきなりリアルな顔面ですみません…。

化粧が崩れ落ちて唇カッサカサの日没後にLED照明のみをつけた状態の真顔で撮影。テカリと母親譲りのそばかすがハッキリ…。怖

 

次に、Foodie。「SI1」というモードで撮影。そばかすや肌のテカリ、顔の丸さはそのままで、全体的な色味が明るくなりました。肌感はかなりリアルな感じ。

続いてLINEカメラ。そばかすは消えて、テカリも抑えていますが、それゆえ顔がのっぺり。少々不自然かな?

ラストはBeautyPlus。いろいろと都合の悪いものが自動修正され、もはや別人。笑

わかりやすくまとめてみました。

私的な結論では、ノーマルだとさすがに汚すぎるしBeautyPlusはやりすぎなので、一番自然なFoodieがベストかなー♪

 

【番外編】ビューティープラスの加工フルマックス。・・・気持ち悪いくらい小学生の姪っ子に激似になりました。

なんでこんなに熱心に自撮りをしているのか?というと、大好きなお客さんに会いたいのに会えない今は、積極的に「顔出し発信」をした方がいいから!

 

せっかく発信しても、フリー素材のイメージ画像や、かしこまりすぎた文章では「私が伝えている感」が少なくなってしまい、もったいないですよね〜。

 

自分らしい言葉で、自分の顔をしっかり出して伝えましょう!お客さんは今はお店に来ることができなくても、あなたのことを心配しているし、会いたいと思っていてくれているはずです!

 

と、まあ正直私も自撮りは苦手なんですが、恥ずかしがっていては商売はできません。写真に抵抗がある人もまずは自宅でひとりこっそり遊びながら楽しく慣れてみるのがいいかも♪

 

ということで、無料カメラアプリの遊べるフィルターいろいろ紹介します!

 

Foodieの漫画フィルター!なんでも漫画風にしてくれます。

BeautyPlusで思い切った髪色チェンジ体験もいいですね!許されるものならリアルに右下チャレンジしてみたい。

LINEカメラの豊富なおもしろフィルターで遊んでみてもいいですね。・・・んん?David Guettaかな?笑

なかなか会えないお客さんに「私は元気ですよ〜」のメッセージとともに、自撮り写真を添えて発信してみてくださいねーー!

 

でも、ここまで出すぎるとさすがにウザめですね…。笑


源泉舘さんでお仕事Day。プロカメラさんも来てくれて、リニューアル中のWebサイトやパンフレットなどいろんな販促物に使うための写真をたくさん撮影してくれました。

ちょこっと覗き見させてもらったら、「さすがプロ!」という写真が盛りだくさんでした。自分でスマホで撮影したものではなく、しっかりと素材として使える写真があるといいですね〜!

 

写真は全体のイメージを左右するものなので、いくらデザイナーさんが頑張っても、写真がイマイチだと全体的に微妙なものになってしまいがち。

 

みんながスマホで手軽に撮影できる時代だからこそ、プロが撮った写真とそうでない写真の違いがハッキリと出ます。だから、「写真に投資する」という考え方も大事ですね。

 

もう何年も前に自宅ポストに近所の食堂の出前のチラシが入っていたんですが、10個くらい掲載されていた食べ物の写真が、見事に全部暗くてもったいないと思ったことがありました。

 

現実とかけ離れすぎるのはクレームになってしまいますが、商品の魅力がしっかり伝わるように多少の手間は必要ですね。ということで、写真に関する読んで欲しい記事をピックアップ。

 

SNSで差がつく!100円以下で買える撮影必須アイテム

5分以内に用意できる宣材写真はありますか?

 


大舞台の翌日は1日引きこもってパソコンとにらめっこ。クライアントさんのウェブサイトを朝から晩までひたすら作っていました。

 

集中しすぎて気づけば夜。気力も冷蔵庫も空っぽだったので、久々にピザの宅配をお願いしちゃいました♪

 

ホームページをつくる際にかなり重要になるのが、写真。これは、「さて用意するか」でゼロから準備するのはなかなか難しいので、日々写真を撮り溜めておくことをおすすめします!

 

商品やスタッフ、お客さんとの一コマなどはもちろん、季節ごとの風景、道端に咲く草花、空などその時々でないと残せない写真もあるので、「1日3枚は写真を必ず撮る!!」と意識して過ごしてみてください。

 

きっと、素敵なものに囲まれていることに改めて気がつきますよ〜。

撮った写真はウェブサイトやSNSだけでなく、いずれパンフレットなどの販促物が必要になった時や急に取材が入った時など、結構使いどきが多いんです。

 

それから、おすすめは時々でいいので、自分の宣材写真を撮っておくことです!まともな自分の顔写真がないと、それこそ取材時など慌ててしまい、納得のいかない顔写真を掲載することになってしまいます。笑

 

ちなみに、スライドにチラシに著者プロフィールやら、いろんなところに使っている私のこの写真は自撮りです!しかもビジネスホテルのお手洗いで撮りました!!笑

ということで、いい感じのセルフ顔写真の撮り方の記事も貼っておくので、ぜひご覧ください♪

スマホの自撮りモードでいい感じにプロフィール写真を撮るコツ

こちらの記事もぜひ!

5分以内に用意できる宣材写真はありますか?

 

【お知らせ】

販促グッズ企画・制作の明和産業さんとコラボさせていただいた時短POPグッズが、ありえないお得価格で期間限定販売中!ありがたいことにすごい反響です!! 気になる方は今のうちに是非チェックしてみてくださいね〜!