ハードな花粉症で耳の奥までかゆい今日この頃、お鼻に優しいティシューが手放せない私がハマっている逸品をご紹介しま〜す。

これまで愛用していたのは、アンパンマンの鼻セレブでしたが、2枚重ねがバラバラになってしまったり、BOXと比べると薄くて小さいので大量の鼻水をカバーしきれない(おっと、失礼♡笑)という問題点がありました。

また、クリネックスの「ウルトラ」は、かみ心地最高なのですが、3枚重ねのため15組しか入っていないので、速攻でなくなってしまいます。ちょっとしたお出かけにはいいですね!

そうすると結局いく先々でポケティを買わなければならなくなってしまいます。これも先日仕事場に向かう途中の薬局で購入しました。

以前、渋谷のど真ん中で鼻水が止まらず、コンビニへ行くもポケティ完売。仕方なく巨大なボックスティシューを買って、手で持ち歩いたこともありました。笑

まあ、これがあれば無敵!怖いもの無しですけどねっ♪

 

そんな中、運命の出会いが。以前、コンビニアルバイターのNakazawaさんがくれたクリネックスのソフトパックの「肌うるる」という新商品!

出張先にBOXを持っていくのはかさばるので、ソフトパックなのがありがたい!手前の黄色は110組と一泊出張でも安心感のあるボリューム。しかも薄くて軽い!ただ、テシューも若干小さめなので、あくまで携帯用として使っています。

そして、下の白い「肌うるる」は、240組なので商品自体は結構大きめなんですが、BOX並のティシューサイズで、ピーク時の鼻水もしっかりがっちり包み込んでくれます♡笑

2泊以上の出張にはこちらの大きいサイズの肌うるるを持って行っています。今日から九州へ出張なので、手持ちバッグに入れて移動中!

 

肌うるるソフトパックはセブンイレブンでも取り扱い店舗が多いし、ヨドバシ.comで1個から買えますよ〜。⇒肌うるる黄(中) / ⇒ 肌うるる白(大)

 

需要があるかわからないけど・・・分布してみた。笑

それにしても、私の部屋とリビングにはどんだけ大量のティシューがあるんだろう。。笑


花粉症がひどすぎて、耳も重いし目の前も一枚白いガラスを挟んでいるようで、ズーンと重いヘルメットをかぶっている気分。早く漢方を処方してもらいに行かなくちゃ〜。涙

↑ 仕事をしようと寄ったスタバで3分お絵描きしました。最近お仕事ツールにiPad Proを導入したことで、「〇〇な気分」とか「〇〇な感じ」みたいな自分の感情とか頭に浮かんだイメージが、ちゃちゃちゃっと描けるのが幸せ♡

毎日の出張にMacBook Proが重くて辛いからiPad Proを買ってみた

 

下手とか上手とか関係なしに、言葉とイメージ画が一緒になると、伝わり度が格段にアップします。プライベートでも何かと使えるけど、販促物づくりやミーティングなどでも本当に役に立つ場面が多いんですよね〜。

 

セミナーでも毎回言うこのセリフ。「簡単かわいいイラストは、センスじゃなくて “覚える” もの!」「 あ い う え お 」のひらがなと同じで、覚えれば誰でも描けちゃいます。

 

ということで、過去に紹介した、イラストの描き方記事をまとめましたので、イラスト苦手!と言う方はぜひ克服してお絵描きを一緒に楽しみましょう〜♪

 

「たのしごと iPadイラスト部」発足しよかな?

イラストがみるみる描けるようになる順番【動画あり】

超簡単な表情豊かなイラストの描き方

絵心ゼロでも簡単に描けちゃうイラスト講座!〜いろんな「手」の描き方 前編〜

手書きPOPの仕上がりが「うおぉ!」ってなる方法

上手じゃないイラストをそれなりに見せる方法

恐怖!こんなホラーPOPには要注意!

POPもデコレーションしよっ♪POPデコパーツのご紹介!


先日、友人と一緒に予約したお店に行ったら、

かわいらしい予約のメッセージカードが席に置かれていました!こういう気遣いって嬉しいですね♪

 

一通り注文をお願いしたら、カウンター席だったので、アレコレ貼り紙を見ていると、スタッフ間のルールを書いた紙が。

たぶんコレ、見えちゃいけないものだよね…。と友人と苦笑い。

 

そりゃ一枚一枚手書きするのが無理かもしれないので、書き換えるのは全然アリだと思うんですが、カウンター席から思いっきり見えるところに「すぐに消して次にすぐに使えるように」とハッキリ書かれていると何ともいたたまれない気持ちに。笑

 

せっかく素敵な取り組みをしているだけに、ちょっともったいないな〜、なんて冷静に考えてしまいました。

 

1日に何度も清掃を行なっていることを知ってもらえるように、お手洗いにスタッフのハンコが押されたチェック表が貼られているように、あえて見えるようにする情報と、今回のように見せてはいけない情報を、しっかりチェックしていきましょう!