品川のKOKUYOさんで、販促シナリオセミナーを行ないました〜!

 

ただ話を聴くだけでは面白くないので、「販促の考え方のコツ」をお伝えしてから、グループメンバーで力を合わせ商品の魅力を最大限引き出すための販促プレゼンをしてもらいました!

いや〜、素晴らしいアイデア連発で思わず「おぉ!!」と声が漏れてしまいました!いろんな人の考え方を知ることは、視野が広がっていいですね〜。

 

今回は、先月の同セミナーからスライドもだいぶバージョンアップしました。回を重ねるごとに、どんどん面白くて学びや気づきが多いセミナーにできるよう、進化していきますよ〜!

 

KOKUYO さんの文具やランドセルのPOPもこの通り力作ぞろい!

セミナー終了後のこと。一日販促の勉強をしたにも関わらず、「販促物に注目しながら帰るのが楽しみ〜♪」と笑顔で会場を後にする方がたくさんだったのが、とても嬉しかったです!

 

そう、販促って面白いものなんですよね〜!販促の基本をお伝えすることも大事ですが、販促の面白さを知ってもらうことも私の大事な役目!これからも頑張るぞ!

 

今回の気づきや学びが「たのしごと」に繋がりますように!ありがとうございます!

 


おかげさまで『売れる!楽しい!「手書きPOP」のつくり方』は25刷となり、多くのみなさんの現場で活かしていただいています!

この本の印象が強いので、「まっすーはPOPの人でしょ?」と言われることが多いんですが、実は違いま〜す♪

 

私の最終目的は「すごい販促(すごはん)で、いつもの仕事をワクワクいっぱいの”たのしごと”に変える」こと。「たのしごと」のための販促の一つとして、POPの活用術を紹介しているんです。

 

POPにこだわらず、いろんな販促を広い視野で組み立てながら、大好きなお客さんに囲まれてお店が繁盛して、たのしごとになる方法を日々考えています。

 

だから、「POPが書けるようになったよ!」がゴールじゃなくて、次は「集客」のための販促を考えることが大事なんですよ〜。基本的にPOPは来店してくれたお客さんに対する販促ですからね〜。

集客のための販促といえば、すぐに思いつくのが「チラシ」ですね。でも、それだけではなく、看板、ブログ、SNS、DM、口コミなどいろんなものがありますよね。

 

それをパズルみたいに組み合わせながら、集客に繋がる販促を考えていくことが重要なんです。私はこのことを「販促シナリオ」と呼んでいます。詳しくは「月刊商業界2019年2月号」に書いたので、ぜひチェックしてみてください♪

 

ぜひ、あなたのお店にも「販促シナリオ」の考え方を取り入れてくださいね!


ファッションプラザふじや社長の「健ちゃん」のブログがおもしろかった!クリックでページが開きます。

通るたびに気になっているけど、なかなか入れない個人店。店先にブラックボードを置くだけでも、随分と入りやすくなります。

 

さらに、健ちゃんのお店では、お花を置いたり、窓に大きめのPOPを貼ったりすることで、人気(ひとけ)のある賑やかな入り口になったんですね〜♪ すごい!

 

販促物って、一個やればそれで十分という安心感を得てしまいますが、組み合わせることが重要!

 

これをシナリオ立てて考えることを、私は「販促シナリオ」と呼んでいるんですが、わかりやすくした漫画があるので、ぜひ見てくださいね♪

ブラックボードで集客に繋がったら、今度はPOPやディスプレイ、接客などの店内販促に力を入れ、そのあとは再来店に繋がるような販促の仕組みづくりをしていくことが大切なんです。

 

ということで、今日は諏訪の商工会議所さんでレアなブラックボードセミナーを開催します!楽しみだぁ〜♪