昨日、オフィスの郵便受けを覗くと、一枚のお葉書が届いていました。

 

IMG_6263

先日京都セミナーに参加してくださったKさんから!
私の似顔絵入り(超似てる〜!)で、しかもセミナー中にご紹介した「住所の頭文字を絵文字にしよう!」もさっそく実践してくれていました♪「山梨県」の頭文字の「山」が「富士山」になっています!

 
IMG_6266

 

それから、Kさんのご住所である「京都府」の「京」は、なんと舞妓さんに!すごい!これは力作〜!

 

IMG_6267

 

マスキングテープで、可愛く飾ってくれてあるし、切手も春らしくてとってもかわいい!
こうした、すべての細かい部分から伝わってくるKさんからの想いに、しばらくお葉書をジーッと眺めながら、ご一緒に過ごせた時間を思い浮かべていました。Kさん、ありがとうございます!

 
これこそ、まさに極上の販促物!販促は売ることではなくて、喜んでもらうことを考えましょう。
それから、自分がされて嬉しかったことを、何が、どうして嬉しいと感じたのか、しっかり記録に残していきましょう。
それがお客さまの心を掴む販促のヒントになりますから!

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


「この人と仲良くなりたい!」
「こういうお客さんにお店に来て欲しい!」
その願いが叶う、魔法のような方法があるんです!

ハートの目の女の子

それは、相手のお役に立つことです。
よくありがちなパターンなのですが、あの人と仲良くなったら自分にとってどんなメリットがあるか、相手が自分の役に立ってくれるか、という「自分が」の思考に陥っては、本当の関係性は築けません。「どのようにしたら、あの人のお役に立てるのか?」の視点で考えましょう。

 

コミュニケーション2

 

お店に置き換えると、「来店して欲しい!」「買って欲しい!」と相手にばかり求めるのが「自分が」の考え方ですね。自分ばかり得ようとしても、そんな関係性は長続きしません。相手のお役に立ち続けることで、あなたや、あなたのお店は必要とされ続け、繁盛し続けることができるのです。

 

名称未設定

 

さぁ、仕事先でお世話になっている方のお顔を思い浮かべてください。あなたはその方のお役に立てていますか?

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん