先日、寝不足続きの免疫力低下中にもかかわらず調子に乗ってお寿司をたらふく食べたことで、ひどいアレルギー反応を起こし、現在必死に胃腸回復中です…笑

前回今回と救急病院に駆け込むほどかなりキツかったので、もう寝不足だったり免疫力が弱っているときには絶対に生物には手を出さないことを誓いました!!

 

一度カラダを壊してしまった代償は大きく、お医者さんからは魚とお肉、生モノを禁止されています。その他、「食べたいもの」ではなく、消化にいい「食べられるもの」をいただく生活を送っています。

毎朝、温かいルイボスティーと小さく刻んだりんご+ヨーグルト、バナナから一日がスタート。写真は同一に見えるけど、上下別の日の朝食でーす。

美味しいんですけどね、消化が良すぎて2時間後にはお腹が空いてしまいます。シリアルを追加したいけど消化に悪いから我慢。

 

あっさりした鶏肉と消化のいい野菜なら食べられるようになったので、スープにして食べています。味付けはかなり控えめなんですが、これが超〜美味しい!

今のところ、うどんとお粥しか食べられないんですが、それでもかなり満足!なんだか体が健康になっていく気がする!

胃腸が弱っているんですが、食欲は全開なので、食べても食べてもお腹が空いちゃう!でも腹8分目を守って、ぐっと堪えています。

焼肉もお刺身もラーメンも餃子も、カレーも天ぷらもスイーツもコーヒーも、食べたい時に食べたいものを食べられていた生活が恋しいです。・・・まだ療養生活4日目ですけどね。笑

 

あ〜チョコレートが食べたい!博多赤門屋さんのプルプルのもつ鍋が食べた〜い!しっかり回復したら、適度に食べたいものを食べつつ、今の生活を忘れずにカラダ想いの食事を心がけようと決意!

 

食欲の秋。食べたいものがたくさんあると思いますが、自分の体調と相談しながら、私みたいにならないように、無理なく健康的な食事をしてくださいね♪

 

 


土曜のゆるくないゆるネタ!笑

 

久々に超美味しい天然物のお寿司を食べた日の夜…なんだか胃のあたりが痛み出しました。

 

実は私、けっこうな確率でいいお寿司や生肉を食べると起こる痛み。前回もまさに同じものを食べてこうなりました。

食べるなよ!とツッコミが入りますが、魚も肉も「生」が大好物なんだもの!・・・でもさすがに今回の一件で凝りました。

 

最近忙しくて睡眠不足気味だったし、疲れもあったため、なんとなく今回は嫌な気配がしていたら、やはりどんどん激しく痛み出して、両てのひらが痒くなってきました。

 

痒みが上半身全体に広がってきて、鏡を見たら口の周りや痒い部分が真っ赤!こりゃ蕁麻疹だということがわかり、3時頃に救急病院へ行きました。

 

設備が整っている病院で専門のドクターもいたので、丁寧に診てもらえてエコー検査をした結果…アレルギーで腸がやられていることがわかりました。

痛みで眠れずベッドでのたうちまわっていたのですが、アレルギー用の点滴をしてもらったら、蕁麻疹もきれいになくなり、痛みも和らいで、点滴の最中に眠りに落ちるほどでした。

 

点滴が終わり、血圧も安定していたので帰れるようになったのは、5時すぎくらい。前回別の病院でやはり3時頃から診てもらい昼過ぎまでかかったので、めっちゃ楽でした。

 

もらった薬を飲んで、午前中の仕事に備えて爆睡しました。仕事前に朝イチで内科へ行って血液の食べ物アレルギー検査をしたんですが、来週結果が出るので、ドキドキです。

大好きな内藤いづみ先生に「しばらく生物は我慢ね。やさしい食べ物にしなきゃダメよ〜!」と優しく言われたので、素直におかゆやうどんを食べています。健康第一!

 

週末ゆっくりと体調整えて、免疫力上限まで上げていきますよ!!

 


先日、日用品を買いにドラッグストアに行ったら、これが目につきました。

丸美屋のすきやきふりかけ!

 

これ、子どもの頃に食べて、すっごく美味しかったんですよね〜。見た瞬間、無性に食べたくなって思わずカゴに入れちゃいました。

 

炊き立てご飯の上にたっぷりふりかけたら美味しかった〜。最後に食べたのが10年前か20年前かはわかりませんが、「これこれ!この味!」と一瞬にして記憶が蘇りました!

 

高級なすき焼きももちろん美味しいですが、丸美屋のすきやきふりかけだってめちゃ美味しい!

 

この先どんな美食と出逢っても、すきやきふりかけのこの美味しさっていうのは、ずーーっと変わらないんだろうな、と思います。

それは私の大好物のおやつ、ミニボーロも同じ。思い出っていうのは最高の調味料ですね!

 

すきやきふりかけの歴史を何気なく調べてみたら、1963年発売だとか。私より20年も前に生まれていたことに驚きました!

 

 

「思い出補正」という言葉がありますが、年齢を重ねるごとに懐かしいものに対する魅力や評価がアップしていることを、最近よく感じるようになりました。

 

思い出の〇〇っていうだけで、そこには他の新しい商品が超えることができない、すごい魅力があるんですよね。

 

もし、長年親しまれてきた商品がお店にあるとしたら、「懐かしい!久々に使ってみたい!」と手に取っていただけるように、お客さんに伝えていきましょうね!