商店街アドバイスのため、地元の写真屋さん「写真のイチオカ」さんへ。待ち時間にお客さんが退屈しないコーナーを作りたい!ということで、前回から気になっていたレジ前を大改造することに。

 

売り物と飾り用の小物が入り混じっていたり、日焼けして色が変わってしまった販促パネルなども多く、カオスな感じだったので、一旦すべて撤去することにしました。

 

途中経過の写真ですが、まずはテーブルの上に置かれた色々なものを撤去した状態です。

初めのカオスな中に、お客さんが自由に使ってコラージュを楽しめる、マステやハサミ、パンチなどがたくさんあったので、工作コーナーを設置ことにしました。これで退屈せずに過ごすことができそうです。

さらにアイビスペイントでつくったご案内POPを設置する予定。

それから、販売している商品はレジ前に集めてスッキリ開放感のある売り場に大変身。

今回は2時間だけだったので、売り場移動とちょっとしたPOPづくりまでしか携われませんでしたが、お店に入って目の前の空間がスッキリしたので、なんだか店内が明るくなったように感じました!

 

私も今度手帳を持って行ってゆっくりとデコレーションをしてみたいなぁ〜!楽しい時間でした!


一年半ぶりに帰ってきました。島根県の福祉施設さん向けPOPセミナー!

みんなできた!魅力伝わる手書きPOPセミナー@島根県

朝10時に始まって終了は15時というと、みなさん結構おっかなびっくり来る方が多いのですが、始まってしまえばあっという間!

 

最後の方になると、「あと30分くらい時間が欲しい〜!」というくらい、すぐに終わってしまいます。

 

今回もたくさんの想いの詰まったPOPができました!

私も生産者さんたちにお話を伺いながらPOPづくりにチャレンジ!iPadを活用すると、アイビスペイントでPOPを書く様子も紹介できるのでなかなか便利です。

こっちでは「赤天」というピリ辛の練りものが名物ですが、セミナー終わりにぺろっと一袋食べてしまいした♪ 最近成長期かと思うほど体重が右肩上がりなので、なんとかしなければ…笑

そんなこんなで、今日は出雲でたのしごとがんばりまーす!


実家に帰るとついつい姪っ子たちに好きなものを買ってしまいがちな、あまあま叔母さんです。

つい先日も、姪っ子たちが私が帰省していることを知ると「みさー!」と飛んできて、次には「タピオカジュース飲みたーい!」とおねだり攻撃がスタート!笑

 

なんでも与えたくなる一方で、これは教育上いかがなものかと思い直し、「欲しい物があったら、自分でお金を稼いで自分で買う」ということを教えるために、LINEで絵文字をつくらせることにしました。

彼女たちはこれまでのお絵かきでiPadアプリの「アイビスペイント」に慣れているので、道具を渡したらすぐに制作スタート!6歳の姪っ子がさっそく描いてみることに。

普段は恥ずかしがり屋で「できないよー!やってよー!」とすぐに人に頼ってしまうタイプでしたが、少しアドバイスをしたら自信を持って描けるようになりました!

その様子を見て、8歳のお姉ちゃんも絵文字づくりに挑戦!彼女は自分でどんどんやりたいようにやるタイプなので、自由に描いてもらいました。

「あ!いいこと考えたー!」と、富士山を描いたと思ったら、そこに桜を合わせるとは!なかなかやるなぁ!

絵文字として使いやすいようにと、びっくりマークやアゲアゲマークなどいろいろ作っていました。

この日11歳の誕生日を迎えたお姉ちゃんは、謎の宇宙人を描いていました。名札をつけているそうです。笑

絵文字は文章中に入れることも、スタンプとして使うこともできま〜す!こうやって実際に使ってみると、かなり可愛い!!

販売価格120円の絵文字は、一個売れる毎に31円の利益。さて、彼女たちは無事一杯450円のタピオカジュースを飲むことができるのでしょうか!? 笑

 

とりあえず、私も一つ購入して影からそっと応援することにします♪ よろしければ、おチビたちの力作をぜひ使ってやってください! ⇒ なかよしえもじ