先日、チキータさんがiPadでPOPをつくろうマンツーマン講座に来てくれましたー!

iPadでPOPづくりができちゃう便利さに感激してくれました〜!チキータさんは本のPOPづくりにチャレンジしてくれたので、今日のブログでは本のPOPを紹介!

 

本屋さんも図書館も、目的の本があったとしても、他に素敵な一冊との出逢いがないか探しまわりますよね。そんな出逢いのきっかけにPOPは効果的!

 

こちらは文字に思い切りメリハリを効かせて、キャッチコピーに目が行くようにしています。

他にも目に止まるようにするには、インパクト大のイラストを入れるのもおすすめでーす!

どんな内容かわかりやすくするために、表情豊かなイラストを入れるのもおすすめでーす!

ちょっと困ったことがあって、本のPOPを書いていると、次から次へと新しい本に興味が湧いて読みたい本がどんどん増えちゃうんですよね。笑

ネットで手軽に本を買うのも便利ですが、POPを一つの目的に、わざわざ行きたくなる本屋さんが増えたら楽しいだろうな〜♪


簡単かわいい「鬼」を描いてみましょう!

 

まずはモクモクと雲を描きます。

次にりんかく。ぷっくりほっぺが可愛さの秘訣!

ペコっと鼻を描いたら・・

不機嫌そうな口を描きます。

強そうな牙を2本。

目の位置に直線を引きます。

直線の下に半円を描いて・・

黒目を入れたら鬼の目に!

眉を上げると不機嫌そうに。

鬼と言ったらやっぱり角!

色を塗ったら赤鬼完成!

次は体にチャレンジ!口の端っこを目安に肩から手まで描きます。

同様に、口の端っこを目安に逆の手も。親指だけ描きます。

金棒を持たせましょう!

手でしっかり握らせて。

お腹は線でつないで、鬼のパンツの準備。

大きめパンツが鬼らしいですね。

どっしりと開いた足を描きます。

金棒にトゲトゲをたくさん描きましょう。

色を塗ればさらに鬼らしくなってきました!

パンツに「ひじき」をたくさん並べれば虎柄の鬼のパンツに!

口や目の形、角などを変えてアレンジもOK!豆を投げられて困っている青鬼にしてみました。

節分に向けて、鬼のイラストをばっちりマスターしちゃいましょう!


前回の記事で紹介した牛さんは本格的すぎたので、今日は60秒で描ける超簡単な牛の描き方を紹介します!

【2021丑年】簡単だけど本格的!かわいい牛のイラストの描き方

 

まずはダルマみたいな下ぶくれの楕円を描きましょう。

鼻を描きまーす。

だいたい上下真ん中あたりに目を描きます。

耳は横に向かって。

その上に角を。

片手上げて。

片手下げる。

そのままストーンと脚。

短足にすると簡単でしかもかわいい!

色を塗ったら完成〜!(大事なものを描き忘れていることにこの時はまだ気づかない私であった…)

上げた片手を利用して。年賀状にするなら、こんな感じにすると可愛いで〜す!

うっかり描き忘れた「尻尾」もさりげなく追加!笑

メッセージを入れて完成です!

超簡単なので、今のうちからぜひマスターしてくださいね♪ マネして描いたイラストは年賀状やチラシ、POPなどご自由にお使いください☆