10月中旬発売予定の単行本、『売れる!楽しい!「手書きPOP」のつくり方』の表紙ができました!本文もチェックを入れて、いよいよ完成の足音が聞こえてきました!

IMG_1204

机の引き出しを整理すると、必ず出てくる「こうなるシート」が昨日出てきました。

 

これは2年前の30歳のときに書いたもの。12月に迎える32歳の誕生日を目前に、「出版する」「全国でセミナーをする」の2つの目標が、31歳中に叶えられそうです。

 

30歳の頃の私には、出版社さんとの繋がりすらなかったし、県外から依頼をいただいていたものの、限られた地域でしかセミナーをしていませんでした。だから、この目標が達成できることが我ながら「すごい!!」と感じています!

 

このシートにはまだまだ何年も先のことまで書いてあるので、たった一項目を達成しただけで偉そうなことは言えませんが、今回の項目を達成できた要因は、出版や全国セミナーという「単体」がゴールではないことだと思います。

 

私には、販促で悩んでいる人のいつもの仕事を、ワクワクいっぱいの「たのしごと」に変える!という巨大な使命があり、出版と全国セミナーはそのための重要な活動の一つとして考えていました。

 

もし、何の使命も持たずに出版&全国セミナー自体をゴールにしていたら、何が何でも出版社の人と知り合いになるぞ!とか、全国の商工会議所に自分のプロフィールを送るぞ!とか、「不自然」な行動をすることになっていたと思います。

 

でも、大きな使命がある中で、ただそれに従って一歩ずつ確実に前進し続けてきたから、私のこの使命に共感してくださる方に、ごく自然なかたちでご縁をいただけたのかな、なんて思います。

 

・・・ちょっと感覚的な、伝わりづらいブログになってしまったかな?

 

何が言いたいの?ってまとめると、何か目標を立てるときには、「弁護士になりたい」とか「売上げ1億達成する」とか単体で考えてもいいんだけど、その先に大きな「使命」を持つことが大切ってこと。

 

それから、それが自分が満たされることだけではなく、なるべく多くの人を巻き込んで、みんながHappyになるように描くことが大切です。

 

だって、自分の夢を叶えるには、自分の目標を達成するには、自分一人の力では無理だから。自分では意識しなくても、たくさんの人が繋がって繋がって、物ごとが動いているから。だから、みんなに応援してもらえるような使命の画を描きましょう。

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


POPに「ふきだし」を活用していますか?私のPOPセミナーの参加者さんは、取り入れまくっています☆

IMG_0810

色画用紙を使ったPOPにふきだしが入るだけで、こんなに目立つようになるんですよ〜!しかも、ふきだしに書いた文字は自然と目に入ってきて読んじゃうから不思議!マンガを愛する日本人のDNAかしら!?

11303540_660833094060440_521482327_n

今回は、ふきだしの面白い活用術をご紹介します!さぁ、下の写真にご注目。

IMG_2308

これは湯村ホテルさんのオリジナル商品で、温泉水を使ってつくられたカンパン、その名も「SPAKAN(スパカン)」魅力がたくさんある商品です。

IMG_2305

そこで、このように、ふきだしをいっぱいつけて、魅力をそれぞれ紹介!これなら一目で魅力の多さが伝わりますね。

IMG_1119

お次はこちら。上の商品は、たくさんのお悩みを解決する優れもの。そこで、ふきだしにお客さんの抱えるお悩みを一つひとつ書き出します。

 

こうすることで、「こんなにいろんな悩みを解決してくれるのか!」ということがパッと伝わります。このように、目立たせたり、数の多さを伝えたり、ふきだしってすごく活用の幅が広いんです。ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


先日、源泉舘さんのトイレPOPをリニューアルしました。

あんこの野中さんのぜんざいを買ったお客さんから大絶賛の嵐!ということで、さらにたくさんのお客さんに知っていただこうと、トイレPOPを作成!

IMG_1054

トイレは売場と違って、腰を下ろしてゆっくりと時間を過ごせる場所。売場のPOPはパッと読めるものがいいんですが、トイレは多少長くても読んでもらえます。

IMG_1056

売場とは違い商品が目の前に無いので、イラストや写真でどんな商品かイメージできるようにしておくといいですね。あと、この場で検討してもらえるように、金額も書いておきましょう。

IMG_1033

IMG_1058

今回はこの3枚のPOPで、商品の魅力を伝えることにしました。実際にトイレPOPを何年間もやり続けている源泉舘さんでは、トイレPOPで紹介した商品の売上げが軒並みアップ。

 

お客さんが2階のトイレから駆けおりてきて、「トイレのあれ、ちょうだい!」っ言うんですよ。売場で商品を見ていないのに、トイレで購入を決めるんです。これってすごいことですよね。

IMG_1061

もし、お店のトイレが活用しきれていない場合、とーーってももったいないので、ぜひ伝えましょう。

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん