「ボールペン 350円」
商品名と価格だけしか表示されていなければ、その価値が何も伝わらないため、「お得かどうか」で選ばれていまいます。ボールペンなんて100円で買えるのに、350円なんて高いわ!そう思う方も多いでしょう。

IMG_5973

 

そこで、「もう、このペンでしか書きたくない。使ったその日からそう思わせてくれるペンです! この滑らかな書き心地ちが、たったの350円!! 」このようなPOPがあるだけで、350円が安く感じませんか?

 

「とまと」「婦人靴」「マグカップ」名前だけでは、自分が知っている一番安い金額と比較されて、高い安いを決めつけられてしまいます。だから、必ず名前と魅力をセットにして伝えることが重要です!

 

「そんなこともうわかってるよ~」という方でも、店名とお店の魅力をセットにして、伝えているところは少ないですね。

 

例えば、「ベーカリーすごぱん」だけでは、お店の魅力がわかりません。
だから、「心もお腹も満たします!ガッツリ系パンの専門店 ベーカリーすごぱん」というように、どんなお店なのか伝われば、まわりのパン屋さんと比較されることなく、印象に残りやすいパン屋さんになりますね。
ということで、皆さんのお店や会社の名前とセットで伝える「魅力」を考えてみましょう!

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


表情豊かな手書きPOPを書きた〜い!

IMG_9518

そんなあなたのために、今回は困り顔をのレベル1からレベル4までご紹介します!

 

困り顔レベル1:どうしようかなぁ。

ポイントはちょっとへの字形の口です。
POPで使うなら、「うーん、結局どれを買えばいいの?お醤油に迷ったら絶対コレ!」といった感じの内容に使うといいですね!

困る1

困りレベル2:うーーーーん。

レベル1の眉間に一本だけ線を加えましょう。これで一段階困り顔度がアップします。「最近、◯◯でお困りではありませんか?」なんてPOPに使えますね。

困る2

困り顔レベル3:これは参ったなぁ……。

レベル2の頬に汗を1つ垂らしましょう。本格的に困った顔になってきましたね。こちらは「最近胃がムカムカする……そんな方におすすめ!」みたいなPOPに使えそう。

困る3

困りレベル4:はぁぁーーーーー。(ため息)

レベル3の口が開いてしまい、ついにため息の声を発しました。
「はぁ〜、最近疲れやすくてダメだ……そんなアナタに!」こんなPOPとかいかがでしょ?

困る2

 

パーツを一つ追加したり、変えたりすることで、こんなに表情が変わりました!まずは「喜怒哀楽」の表情の描き分けられるようになったら、今度は喜怒哀楽レベルを3段階くらい描けるように練習してみましょう!

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


絵心もセンスも無いから、イラストなんて描けない!

困る2

なぁ〜んて声をよく耳にしますが、実は、簡単かわいいイラストに、絵心もセンスも関係ありません!

さすがに美術館に飾られているような絵画は別ですが、POPやチラシにササッと描くイラストは、覚えれば誰でも簡単に描けるようになります。
その証拠に、私のPOP講座に参加していただいた方は、み〜んなイラストが上手になって帰っていきます♪

IMG_4656

イラストを覚えれば、こんなに楽しいPOPをつくることもできます♪

IMG_1597

「でも…….こんな表情豊かなイラスト描けない!」と諦めずに、下のイラストをよ〜く見比べてみてください。

名称未設定

ホッとしている顔と、ちょっと困った顔。
まったく違う二つの顔ですが、実際に違うのは「くち」だけなんです!
このように、一見描き分けるのが難しそうな表情でも、ちょっとしたコツを掴むだけで、簡単に描くことができるんです。

 

何となく、描けそうな気がしてきませんか?
まずはマネして描いてみてくださいね♪

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆
ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん