自分を他人と比べて焦ったり、誰かと頻繁に連絡を取らなければ孤独感に襲われて不安に感じたりすることはありませんか?

困る人

焦りや不安な気持ちから抜け出す方法は、使命とかコンセプトとかいわれる「軸」をつくることです。

 

「何のために生きているの?何のためにこの仕事をしているの?」この質問に答えられる軸をつくりましょう。この時、登場人物が自分や身内だけの軸をつくるとうまくいかないから、必ずお客さんや世の中の人を登場させてくださいね!←ここ重要!

 

詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでくださいね。

 

「旨くて、安くて、腹いっぱい」を謳っている隣のお店に行列ができていたって、自分のお店が「大切な人と楽しい未来について語り合えるレストラン」という軸を持っていたら、隣のお店にどれだけお客さんが入っているかなどチラチラ気にしないでしょう。

 

だって、隣のお店はライバルじゃないから。

 

自分に軸がなければ、右を向いても左を向いてもライバルだらけ。だから、儲かっているお店を覗いては、表面だけパクり続けて、結局ブレブレのお店になってしまう。軸がない以上、何を真似したらいいのかすらわからないから・・。⇒ 真似とパクりは違う

 

儲かっているお店やうまくいっている人を見ては悔しがって、儲からないお店や自分よりうまくいっていない人を見ては安心する。こうなったらかなりの重症です!

 

自分の軸、決してブレない頑丈な軸ができたら、そんなこと考えている時間なんてないくらい、いい意味で忙しくなります。本当にやるべきことが見えるから。

IMG_6404

先日、名刺セミナーに参加された、足もみ整体サロン「くろーばー」の鈴木さんがつくったのは、「健康への道すじ 一緒に描きます」という軸。

 

その場だけラクになってもらえばいいのではなくて、毎日を健康に、幸せに過ごせるための道筋をお客さんと一緒に描いて、その先も長いお付き合いをしていくから、「60分◯◯円」というお店と張り合わなくていいんです。

 

今だけの安さを選ぶのか、長い付き合いを選ぶのか、お客さんにとっても選択肢が広がるのはいいことですね。そのために軸をちゃんと示して、ミスマッチのお客さんと出会わないこともとても大事!

 

自分のやるべきことが見えているから、関係ないものは気にならないし、心も乱れない。

ハートを抱える人

うまくいっている人や店を妬む暇があるなら、
一秒でも早く自分の軸をつくりましょう!

 

誰かと歩幅を合わせることばかり考える暇があるなら、
目の前のお客さんに喜んでもらえる楽しいことを考えましょう!

 

それと、軸ができれば孤独感なんてなくなります。私はすごはんを一人でやっていますが、孤独だなんて一度も感じたことがないです。軸があれば、同じように軸を持って強く生きている「同志」という絶対的な存在に出会えます。

1653312_632514240156244_593253327_n同志の活躍は最高に嬉しい!

 

頻繁に連絡を取り合わなければ、繋がれているか不安になるような「像(かたち)だけのお友達」じゃなくて、ごくたま〜に連絡を取り合うくらいだけど、お互いに本気で生きていることが解り合えている「同志」がいれば、孤独なんて感じません。

 

あ、このブログは素敵な言葉が書かれているから、絶対に読んで欲しい!⇒ふじいさんのブログ  さぁ〜、軸をつくりましょ☆

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


今日は大阪に来ています。すごはんがスタートして4年半、実は初めての大阪セミナーです。他にも2月、3月と大阪でのセミナーが控えていて、今年は大阪にご縁がありそうやで〜!

 

さてさて、「POPで魅力を伝えましょ♪」というと、「うちは高級指向のお店だから」「そういう雰囲気じゃないから」と拒否する方がいます。それなら、POPは書かなくてもいいと思います。

 

でも、「高級指向のうちのお店にもPOPが必要だと思うんだけど、どうしたらいいのかな!?」という方は、POPの紙やペン、POPの設置器具もこだわってみましょう。

ご存知ですかまっすー

例えば、「和」な売場なら、いい感じの和紙を使って、筆ペンを使ったり、切り絵風にお花や葉っぱの形を切り抜いたもので飾り付けてみても素敵ですね。

 

「和紙 シール」で検索してみると、POPに使えそうなアイテムがたくさんでてきて興奮しますよ〜。

 

もしラミネートのツヤツヤ感がお店に合わなければ、「マット」というツヤを消した、ラミネートフィルムも売っています。これなら雰囲気がだいぶ変わりますね。シンプルで落ち着いたお店なら、用紙の色やサイズ、形を統一するといいですね。例えば濃い色の用紙に白いペンで文字を描いたら、いい感じになりそう。

 

シンプルで落ち着いたお店なら、用紙の色やサイズ、形を統一するといいですね。例えば濃い色の用紙に白いペンで文字を描いたら、いい感じになりそう。

 

POPを設置する器具も、プラスチックのクリップではなく、木製のものの方が合うかもしれませんね。

o0600044713261006123

あ、木製のクリップなら、100均(特にセリアさん)をチェックしてみましょう。

 

趣味ではなく商売をしているなら、商品を買っていただいて、儲けなければなりません。だから、魅力を伝えてお客さんに「欲しい」と思っていただくことが必要です。

 

黄色いPOPがお店に合わないなら、お店に合う色を見つけましょう。色鉛筆が合わないなら、お店に合う筆記用具を見つけましょう。

 

「〇〇だからできない」ではなくて、「〇〇するためにはどうしたらいいかな?」の考え方の方が幸せになれますよね♪  何もしないなんて、もったいないのです!

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


北の国のお友達、お菓子のふじいさんのブログを読んで、昨夜はドキドキしちゃった☆

スクリーンショット 2016-01-05 1.41.15

ふじいさんの発信は、いつも(もちろん良い意味で)飾りっ気がなくて、ピュアで、潔くて、男らしくて、お茶目で、真っ直ぐで、熱くて、何より愛があって、心に響く!!

 

最近だと、このブログが特に好きだな!それから、このブログとかも読んだら、ふじいさんのことを知らなくてもファンになっちゃうと思う。

 

もし、ふじいさんが近くに済んでいたら、頻繁に会いに行っちゃっていただろうから、1000kmも離れていて良かったかも(笑)

 

何か行動するのに、完璧を求めて、格好悪い部分を見せることを恐れて、躊躇することってよくあるけど、「思い切って飛び込んじゃえ!」と思える〝勢い〟は、彼女から教えてもらった大事な宝物。

 

ここら辺で、このブログにふじいさんの写真を貼ろうと思って、アルバムを見てふと気付いたんだけど・・・ふじいさんと私、2ショット写真って撮ってないな。

スクリーンショット 2016-01-05 2.15.54

「写真撮ろう♡」って自分から言わないところとか、似てるかも(笑)アルバムにあったのは、ふじいさんの後ろ姿の隠し撮りだし…。

 

もし、全国からファンが集まる、小さなお店の幸せな販促方法を学びたかったら、ふじいさんの世界観づくりや、キャラの生かし(愛し)方、発信方法などをチェックすることを、心からおすすめします!

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!すごはん