昨日のTwitterに、こんな投稿が!

ついったー

北海道美幌町のパナソニック電器店のようでんさんのツイートです♪  そうなんですよね〜、カタログやパンフレットの写真はPOPとの相性抜群なんです。

 

当たり前ですが、カタログはパソコンでデザインされたもの、手書きPOPは手書きで書いたものですね。ところが、パソコンでデザインされたカタログの中に手書きが入っていたり、手書きPOPの中に実際の写真が入っていると目を惹くんです。

IMG_3600

パンフレットはアレもコレも説明しているから読みきれません。特に注目すべきポイントをPOPで書き出すと、元々商品を知らなかったお客さんにも興味を持ってもらえますよ。

 

ちなみに、イラストと写真をコラボさせる方法はこちら。まずはイラストを描きます。

IMG_3628

親指の付け根から手のひらにシワを入れます。

IMG_3632

そのシワに沿ってチョキチョキ切ります。

IMG_3635

IMG_3636

切り口に、あらかじめカタログから切り抜いておいた商品の写真を差し込めばOK!とっても簡単ですよね〜。

IMG_3637

こんな感じでPOPにもかわいく馴染みますよ〜!
実践してくれた、ようでんさんの「ようでんブログ」にたくさん楽しい事例が載っているので、必見です!

 

カタログを積み重ねていても、商品に興味がある人じゃないとなかなか手に取って開いて読んでもらえません。一冊はPOP用にしてチョキチョキ切って活用しましょう!

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


前回のブログではイラストを「それなり」に見せる方法について書きました。 今回は写真やイラストを「いい感じ」に販促物に入れるポイントをご紹介しますね。

 

昨日ご紹介したポイントと同様、写真やイラストは思い切って大きく入れた方がいい感じになります。例えばこんな感じ!

IMG_3571

もう大きすぎちゃってはみ出しちゃってますよね!こんな具合に大きくするとインパクトがあって目を惹くし、全体のバランスも良くなります。小さ過ぎたり中途半端なサイズにするなら、断然大き過ぎた方がいい感じ!

 

また、こんな販促物にイラストを入れる場合も同じです。

P1011450

イラストは太いペンや筆ペンを使いながら、とにかく太く大きく描くこと!最後の色塗りは全体の印象を左右します。丁寧に塗りましょう。

 

それから、イラストで失敗してすべて書き直ししていたら時間がもったいないので、イラストは別紙に描いて切り貼りすることをおすすめします。ぜひ実践してみてくださいね。

 

今日のブログがあなたの“たのしごと”のきっかけになりますように☆ポチッと応援よろしくお願いします!

すごはん


最近新たなPOPグッズをゲットしました!こちらのガッチャンガッチャンです!

IMG_8367

ご存知の方も多いかもしれませんが、これ、すごいんですよ〜!

IMG_8372

こうやって、紙を挟んでガチャンってすると・・・

IMG_8374

ほら〜!こんなにカワイイお花の帯があっという間にできちゃうんです!私こういうの大好き♡

IMG_8377

これを他の色画用紙に重ねれば、素敵なPOPができちゃいます!

IMG_7967

これ以外にも、色んな種類があって、余った色画用紙たちが素敵なPOPデコパーツに早変わりしちゃうんです!POP以外にも手書きチラシやレターなんかにも使えますね。ペタペタ重ねて、楽しい〜!

IMG_8549

この気持ちよさについついガッチャンガッチャンしてしまう〜(笑)でも、冷静になって机の上を見ると・・・

IMG_7966

うおぉぉーーー!超散らかるので注意が必要ですな!

 

今回ご紹介したのは、マーサスチュワートのクラフトグッズです!どれもかわいくて見ていると、次々に欲しくなるので危険です(笑)それでも気になる方はぜひチェックしてみてくださいね♪