実は「超」がつくほど写真が苦手な私は、プロフィール写真も長いこと使い回し。笑

 

そろそろ変えないと「いつの写真だよ!」って感じになってしまうので、名刺やら各種セミナーチラシなどに使うための写真を撮ることに。

そんなこんなで、お恥ずかしながらド素人私が駆使している、プロフィール写真をできる限りいい感じに撮るためのコツを紹介します。

 

1.午前中、レースカーテン越しの優しい自然光

蛍光灯の下で写真を撮ると顔に影ができたり、肌の色も微妙になってしまうので、白いレースカーテン越しに自然光で明るくなった部屋で撮るといいですよ〜。

 

角度によって結構変わるので、クルクルまわりながらテスト撮影を繰り返して、ベストポジションを探しましょう。

 

2.白い壁に囲まれている場所

レフ板効果で肌を明るく見せてくれます。白い壁とくらい壁で撮り比べてみました。あれ?カメラの自動調整昨日で暗い壁の方が明るくなった様な。。笑

背景がごちゃごちゃしているのも、自撮り感満載なので、真っ白な空間がおすすめです。ちなみに、私が今回プロフィール写真を撮ろうと思ったのは、宿泊先のホテルの洗面台の前が真っ白な空間だったから。笑

3.タイマーセット

片手を伸ばした自撮り丸出しポーズでは台無しなので、どこかに固定しておいて、タイマー機能を使いましょう!Apple Watchを持っている人は、シャッターをApple Watchで操作するのもおすすめ!

4.100枚くらい撮るつもりで!笑

10枚撮ってどれも微妙な表情だって諦めちゃダメ!20枚、30枚、それがダメなら50枚!とにかく、一人なら気まずさも恥ずかしさもありません!納得がいくまで諦めずに撮影し続けましょう!

 

髪型も耳を出す・出さないだけでもだいぶイメージが変わるので、「どう見せたいか?」を意識しながら、何度も撮り直しましょう。私は耳を出さないとなんだか暗っぽいので両耳出すことにしました。

5.別人にならない程度に加工しちゃえ!笑

親切な誰かが築き上げてくれた技術は、有り難く活用しましょう。Beauty Plus、SNOW、Foodieなどなど、いろんなアプリがあります。

ただし、加工が過ぎると会った時の相手の反応が恐いので、美肌にするくらいにしておくといいですよ〜。笑

 

今回は名刺に使いたかった2パターンのポーズで撮影完了!背景に写り込んだ扉の線などは、後でデザイナーさんにお任せします!


数年前に行った屋久島では、屋久島人の「ガッキー」にガイドをお願いしたんだけど、人柄もよかったし、何より写真力が素晴らしかった!

こういうイタズラを時々するけど 笑

 

「ここからこうやって撮った方がいい感じだよ!」などフォトスポットや撮影の角度などもアドバイスしてくれて、彼のおかげでいい思い出を残すことができました!

実は何気なくやっているその行動が最大の強みになるかも!

 

そして、先月行った沖縄ではシュノーケリングガイドを「むるぬーし」ってとこにお願いして、笑顔が素敵な「ゆっきー」が担当してくれたんだけど、彼女もまた素敵な写真をたくさん撮ってくれました!

オプションで購入した写真を山梨に戻って見たら「ゆっきーいつの間にこんな場所から撮ってくれてたのー!?」とびっくり感激。

 

満足度120%だったので、屋久島も沖縄もまた行くなら絶対にガッキーやゆっきーにお願いしたいし、友達が行くなら全力でおすすめしたいです!

 

話は変わって、先日、我が家の郵便受けに近所の飲食店のチラシが入っていました。

 

写真が暗いためあまり美味しそうではなく、思わず旦那と「もったいないねぇ〜」と言ってしまいました。旦那はSEですが、デザインもやっているので、こういうことに夫婦揃って敏感なんです。

今はスマホ内蔵カメラでも十分綺麗な写真が撮れるし、加工アプリもたくさんある上、SNSでは写真が命!素人だってすごい写真が残せる時代。商品を紹介するのに写真が残念だと、そこでチャンスを逃してしまうかもしれません。

 

ちょっとの手間を惜しまず、写真力を身につけていきましょうね〜!私も頑張りマッス!! てなわけで、参考になりそうな過去記事も貼りますので、よかったら見てみてください♪

SNSで差がつく!100円以下で買える撮影必須アイテム

販促物にスタッフ写真を入れるなら30回はシャッターを押そう!

 


【 ご 連 絡 】只今海外旅行中のため2019年1月9日まで電話が通じません。お手数ですが、ご連絡はメール、このブログ内のお問い合わせフォーム、Facebookメッセンジャー、LINEでお願いしま〜す。この4つは朝晩確認します!!


今日は日曜日なのでゆるネタを。

 

ひとりぼっちでお茶を飲むのも寂しいので、ダイソーの樹脂粘土にハマってくれるお友達を増やそうキャンペーン実施します♪笑

てなわけで、今回は樹脂粘土のお楽しみを紹介します!粘土は作るのも楽しいんですが、その後に撮影するのもまた楽しいんですよね〜。

100円均一のセリアで売っているコップやゴミ箱、テーブルなどの小道具を使ったら、なかなかいい感じ。お友達のAちゃんを誘って(作って)お茶会をしてみました。

地面や背景に使っているのは、100円ショップのセリアで購入した、裏にシールが付いている人工芝風マット。壁紙コーナーに売っていました。

撮影は一眼レフ。一眼レフを買ったけど最近全然使っていなかったなぁ…って方は、ぜひこの機会に使ってみてください!一眼ってやっぱキレイだわ〜と実感できる瞬間です。

 

奥行きを持たせたり、アップにしたり、角度を変えたり、配置を変えるだけで物語が生まれておもしろくなりますね。

さて、一眼で撮影した写真ですが、ほんの一手間でグ〜ンっといい感じになります。まずは下の写真。撮ったままの状態です。

これをスマホに転送して、LINEカメラやフーディーなどのアプリで加工すると…ワンタッチでこ〜んなにキレイに、ドラマチックになります!

あとは、適当に文字を入れたら、電車のドアに貼ってある広告シールみたいになりますね♪ 笑

※sugohan.comは転職サイトではありません

 

後から文字を入れる場合は、余白を計算して撮影しましょう♪

「樹脂粘土キャラ × 商品」で撮影して、かわいく楽しくブログやSNSで発信するのもおもしろそう!ブログ記事や販促物のイメージ写真として素材にもできますね。

 

私もこれからいろいろ実験してみますね〜!てなわけで、ぜひやってみてください♪ そして樹脂友になりましょう!笑

1日引きこもってダイソーの樹脂粘土でキャラクターつくってみた